苗場スキー場、いよいよ苗場ドラゴンドラ周辺の紅葉が今シーズンのピークを迎えます

※ 掲載記事に関して
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、紹介する施設によっては営業時間の変更や休業、イベントの延期・中止が生じる場合があります。また、情報は記事掲載時点のものです。お出かけの際は、事前にHPなどで詳細をご確認ください。

新潟県南魚沼郡湯沢町に位置する苗場スキー場周辺では、現在標高1,100m~1,300m付近の紅葉がいよいよ見頃を迎えます。
9月中は暖かい日が続き、色づきもやや遅い状況でしたが、10月に入り朝晩の気温が約5~6℃、日中の気温が10~13℃とグッと下がって急な寒暖差が続いたこともあり、10月14日時点では山全体の紅葉が一気に進んでいる状況で、見頃のピークは来週より10月末にかけて続くと予想されます。
また、今週後半より全国的に気温が下がる予報も出ており、季節が一気に進むことも予想されます。

11月頭にかけては苗場ドラゴンドラの山麓付近(標高900~1,000m)で、「カラマツ」の木々が黄金色に染まり始めます。カラマツはマツ科カラマツ属の落葉針葉樹ですが黄葉する珍しい木であり、山頂方面の山々の紅葉が終わった頃よりその姿を黄金色に変えていきます。西日に照らされると、さらにその輝きを増し、色鮮やかな紅葉とはまた違った黄金色の絨毯の上を空中散歩で楽しむことができます。

苗場スキー場では、11月3日(火・祝)まで苗場ドラゴンドラの観光営業を実施しており、日本最長5,481mの「苗場ドラゴンドラ」からは、エメラルドグリーンに輝く二居湖(ふたいこ)をはじめ、眼下に広がる360°紅葉の大自然を眺めながら片道約25分のダイナミックな紅葉の景色が楽しめます。

問合せ先:苗場スキー場 (TEL 025-789-4117)

■苗場ドラゴンドラとは
日本最長5,481mの長さを誇り、片道約25分の道のりをアップダウンしながら進んでいくゴンドラです。
この秋は乗車人数を8名から4名(グループの場合は4名以上も可能)に減少して運行するため、行きも帰りもプライベートな空間の中で座ってゆっくりと紅葉の景色を眺めながら、雨の日でも気軽に空中散歩を満喫することができます。一番の絶景ポイントと呼ばれる14号柱付近では、まるで紅葉の中に飛び込んで行くような急降下を体感でき、鮮やかに色づいた錦秋の山々の姿に圧巻。また、美しい清流のせせらぎに 心癒やされる清津川(きよつがわ)やエメラルドグリーンに輝く二居湖 (ふたいこ)等、季節の移ろいで日々変化していく大自然の姿を思い思いに楽しむことができます。さらに、下り乗車の31号柱付近からは、ドラゴンドラのほぼ全区間を見下ろせる絶景ポイントがあり、その姿はまるでドラゴンの背のような景色をその目でみることができます。
標高:山麓駅921m、山頂駅1,346m
乗車時間:約25分

  • twitter SHARE
  • facebook SHARE
  • googlePlus SHARE

新着記事

おすすめ記事

おすすめコラム

Drive! NIPPON公式SNSにて情報配信中!

友だち追加
» language / 言語