. 水に入るミュージアム「チームラボプラネッツ」(豊洲) 、新たに屋外のパブリックアート7/16 (木) から公開 | Drive! NIPPON | 国内観光情報ウェブマガジン

水に入るミュージアム「チームラボプラネッツ」(豊洲) 、新たに屋外のパブリックアート7/16 (木) から公開

※ 掲載記事に関して
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、紹介する施設によっては営業時間の変更や休業、イベントの延期・中止が生じる場合があります。また、情報は記事掲載時点のものです。お出かけの際は、事前にHPなどで詳細をご確認ください。

アート集団チームラボによる、東京・豊洲の水に入るミュージアム「チームラボプラネッツ TOKYO DMM」に、新たにパブリックアート《空から降り注ぐ憑依する滝》が登場。更に、来場者が裸足になって水の中を歩いて体感する作品《人と共に踊る鯉によって描かれる水面のドローイング - Infinity》が、今の時期だけ夏の装いに。水面に向日葵が広がる空間を体験することができます。2020年7月16日(木)から。
また、2020年秋までとしていた会期を2022年末まで延長が決定しました。

チームラボプラネッツは、超巨大な4つの作品空間と屋外作品を中心とした計8作品による「水に入るミュージアム」。2018年7月の開館から2年で、180万人以上が来館。入館制限等の感染防止策を実施の上で、ミュージアムをオープンしております。

新たな作品《空から降り注ぐ憑依する滝》は、屋外に展示されたパブリックアートで、入館の有無に関わらず、どなたでも鑑賞いただける作品です。

また、夏の季節限定で、来場者が裸足になって水の中を歩く作品《人と共に踊る鯉によって描かれる水面のドローイング - Infinity》は、水面を泳ぐ鯉たちが人々にぶつかると、向日葵に変化し散っていきます。
一年を通して、咲いていく花々は季節とともに移り変わり、向日葵の花が見られるのは、7月16日(木)から8月2日(日)まで。

【展示概要】
チームラボプラネッツ TOKYO DMM
会期:2022年末まで
開館時間:平日 10:00〜19:00、土日祝 9:00〜19:00
※最終入場は閉館の30分前
休館日:2020年7月8日 (水)
住所:東京都江東区豊洲6-1-16 teamLab Planets TOKYO
チケット料金:
大人(18歳以上) 3,200円
大学生・専門学生 2,500円
中学生・高校生 2,000円
小人(4歳 – 12歳) 800円
シニア(65歳以上) 2,400円
障がい者割引 1,600円

チームラボプラネッツ TOKYO DMM チケットストア:
https://teamlabplanets.dmm.com
* 料金、開館時間が変更になる可能性あります。HPをご確認ください。

展覧会公式ウェブサイト:
https://planets.teamlab.art/tokyo/jp/

【チームラボ / teamLab】
アートコレクティブ。2001年から活動を開始。集団的創造によって、アート、サイエンス、テクノロジー、そして自然界の交差点を模索している国際的な学際的集団。アーティスト、プログラマ、エンジニア、CGアニメーター、数学者、建築家など、様々な分野のスペシャリストから構成されている。
チームラボは、アートによって、自分と世界との関係と新たな認識を模索したいと思っている。人は、認識するために世界を切り分けて、境界のある独立したものとして捉えてしまう。その認識の境界、そして、自分と世界との間にある境界、 時間の連続性に対する認知の境界などを超えることを模索している。全ては、長い長い時の、境界のない連続性の上に危うく奇跡的に存在する。
チームラボ:http://teamlab.art/jp/

  • twitter SHARE
  • facebook SHARE
  • googlePlus SHARE

新着記事

おすすめ記事

おすすめコラム

Drive! NIPPON公式SNSにて情報配信中!

友だち追加
» language / 言語