ふるさと納税を活用した、新型コロナウイルス対策のため北海道の地域医療に関わる資金調達を開始

※ 掲載記事に関して
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、紹介する施設によっては営業時間の変更や休業、イベントの延期・中止が生じる場合があります。また、情報は記事掲載時点のものです。お出かけの際は、事前にHPなどで詳細をご確認ください。

北海道とふるさと納税総合サイト「ふるさとチョイス」 ( https://www.furusato-tax.jp/ ) を企画・運営する株式会社トラストバンクは4月24日、トラストバンクが提供するふるさと納税を活用したクラウドファンディング「ガバメントクラウドファンディング (R) 」 (以下GCF) で、新型コロナウイルス対策のため、医療用資機材の整備など北海道の地域医療を支援する取り組み費用を募るプロジェクトを開始します。

北海道では、早くから新型コロナウイルスの感染者が発生し、第2波ともいえる感染拡大の危機を迎えている中、地域医療を守り、道民が安心して暮らせるよう、医療従事者などの方々は日夜最前線で奮闘しています。本プロジェクトは、2020年4月24日から2020年7月26日までの期間、医療用資機材の整備など北海道の地域医療を支援する取り組みに充てる資金として、5,000万円の寄附金を募集します。

北海道では、全国に先駆けて道内の小中学校などへの一斉休校の呼びかけや道独自の「緊急事態宣言」を発出し、道民の外出自粛を要請するなど、前例のない対策を行ってきました。その結果、道民一人ひとりの意識や行動に変化が生まれ、感染拡大防止に一定の成果をあげています。

<北海道 鈴木 直道 知事のコメント>
「北海道では、早くから新型コロナウイルス感染症の影響を受け、最前線で働く医療関係者の皆様は長期間にわたって奮闘されています。一方で、本道は唯一、この感染症の第1波を乗り越えた地域であり、この経験を活かしながら、多くの方の応援をいただき、北海道の医療を守る方々とともに、新型コロナウイルス感染症との戦いに必ず打ち勝ちます。皆様のエールを北の医療へ!」

【プロジェクトの概要】
プロジェクト名: 北海道ふるさと寄附金「今こそエールを北の医療へ!」
~皆様の想いをカタチに変えて、 地域医療を守ります~
募集額: 5,000万円
期間: 2020年4月24日~2020年7月26日(94日間)
寄附金の使い道: 医療用資機材の整備など
※皆様からいただいたご寄附は、医療用資機材の整備以外の北海道の地域医療を守るための取組に使用する場合がありますので、ご了承ください。
SDGs:3.すべての人に健康と福祉を、11.住み続けられるまちづくりを
プロジェクトURL: https://www.furusato-tax.jp/gcf/823
(注) 募集期間は、延長の場合あり。

■ガバメントクラウドファンディング (GCF) とは
2013年9月にトラストバンクが提供したクラウドファンディング型でふるさと納税を募る仕組み。自治体がプロジェクトオーナーとなり、関心や共感を呼ぶプロジェクトを立ち上げることで、広く資金を調達する。寄附者は自らの意思で寄附金の使い道を選ぶことができるGCFでは、自治体が地域課題に対する具体的な解決策、必要な寄附金と使い道、寄附金を集める期間などを提示する。2020年4月時点で寄附総額72億円を突破し、690以上のプロジェクトが実施された。「2019年度グッドデザイン賞」を受賞。
※ガバメントクラウドファンディング及びGCFは、株式会社トラストバンクの登録商標です。
※「ふるさとチョイスガバメントクラウドファンディング」サイト: https://www.furusato-tax.jp/gcf/

  • twitter SHARE
  • facebook SHARE
  • Line SHARE

新着記事

おすすめ記事

おすすめコラム

公式SNSアカウント

Drive! NIPPON公式SNSにて情報配信中!

» language / 言語