関東最多級のウメの花が見頃! 入園無料で楽しめる、約200品種480本の渓流の梅園

神奈川県小田原市にある小田原フラワーガーデンでは、関東でも最大級の約200品種480本の規模をもつ梅園で、「ウメの花」が見頃を迎えました。また、花の見頃にあわせたイベント「梅まつり」を2020年3月8日(日)まで開催しており、イベント期間中は『無休』で開園します。

「渓流の梅園」は、早咲きから遅咲きまで約200品種480本の花梅が植栽された、関東でも最多級の品種数を誇る色鮮やかな梅園です。毎年テーマを決めて知られざる梅の魅力を紹介。2020年は『珍しい梅~初春の令月にして稀代の梅~』がテーマです。

この「渓流の梅園」のウメが、2020年2月14日(金)現在、見頃を迎えています。見頃は3月上旬ごろまで続く見込みですが、早咲き品種や中咲き品種を楽しむなら今の時期がおすすめです。

【2020年「梅まつり」開催概要】
2020年のテーマは「珍しい梅~初春の令月にして稀代の梅~」です。
「渓流の梅園」には、薄黄色の細い花弁が特徴的な『黄金梅(おうごんばい)』など、他では見られない珍品種の梅が植栽されています。
期間:2020年1月25日(土)~3月8日(日)※開催中
会場:小田原フラワーガーデン
住所:神奈川県小田原市久野3798-5
入園料:無料
駐車場:無料
※台数:普通車140台、障害者用6台
開園時間:9:00~17:00
※2020年より「梅まつり」期間中は無休で営業します。

【小田原フラワーガーデン 概要】
1995年にオープンした植物公園。メイン施設の「トロピカルドーム温室」では1年中熱帯植物が楽しめるほか、関東最大級の約200品種480本の梅が咲き誇る「渓流の梅園」、150品種350株のバラが春と秋に楽しめる「バラ園」、約180品種1000株の「ハナショウブ池」など、四季を通じてさまざまな花を観賞することができます。
また、トロピカルドーム温室では3月下旬~4月中旬にかけて、まるで宝石の翡翠のような神秘的な花を咲かせる「ヒスイカズラ」が見ごろを迎え、開花にあわせたイベント「ヒスイカズラフェスティバル」を開催します。
所在地:神奈川県小田原市久野3798-5
入園料:無料
※トロピカルドーム温室は有料/ 大人200円、小・中学生100円
駐車場:普通車140台(障がい者用6台)※無料
開園時間:9:00~17:00
※トロピカルドーム温室入館は16:30まで
休園日:
月曜日(祝日の場合は開園し翌日休園)
祝日(振休も含む)直後の平日
年末年始(12月29日~1月3日)
※梅まつり期間中は無休で営業します。

■小田原フラワーガーデンウェブサイト:
https://www.seibu-la.co.jp/odawarafg/

  • twitter SHARE
  • facebook SHARE
  • googlePlus SHARE

新着記事

おすすめ記事

おすすめコラム

Drive! NIPPON公式SNSにて情報配信中!

友だち追加