国営武蔵丘陵森林公園に早春の訪れ! ウメ、ツバキなどの花々が開花し始めました

※ 掲載記事に関して
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、紹介する施設によっては営業時間の変更や休業、イベントの延期・中止が生じる場合があります。また、情報は記事掲載時点のものです。お出かけの際は、事前にHPなどで詳細をご確認ください。

埼玉県比企郡滑川町と熊谷市楊井にまたがる国営武蔵丘陵森林公園では、「ウメ」「ツバキ」などの早春の花々が開花し始めました。現在、全体的に咲き始めの状態となっており、見頃のピークは早咲きの紅梅は1月下旬~2月上旬、ウメ全体では2月下旬、ツバキは3月下旬~4月中旬頃になる見込みです。

最新の開花情報は公園WEBサイトでも随時更新中です。一足早い春の訪れを感じられる、 早春の花々を観賞ください。

■約400品種1,000本のツバキ・サザンカが集まる「椿園」
希少な古典江戸椿をはじめ、約400品種の「ツバキ」コレクションをもつ本公園の椿園には、約1,000本のツバキ・サザンカが集まっています。現在、椿園では早咲きの約50品種が開花しています。

本公園の椿園では、広い松林の下、自然樹形で咲く姿を見ることができます。 また、春まで特別公開中の都市緑化植物園のバックヤード・第二苗圃では、コンパクトに仕立てられた花を間近で観賞できます。
品種が入れ替わりながら開花するため、長く花を観賞できますが、3月下旬頃~4月中旬が最も華やかな見頃の時期となります。
規模:
・ツバキ・サザンカが園内全体で約500品種
・ツバキ・サザンカ約1,000本
最盛期:3月下旬~4月中旬
場所:国営武蔵丘陵森林公園
・椿園(南口から徒歩約15分)
・都市緑化植物園第二苗圃(中央口から徒歩約20分)

■約120品種500本の規模を誇る「梅林」
約20,000平方メートル の「梅林」には、約120品種500本のウメが植栽されており、国内でも有数の規模を誇っています。
2020年1月8日(水)時点で、早咲き品種である「八重寒紅(やえかんこう)」約50本のうち、数本が濃い紅色の花を開き始めており、冬の風景に彩を添えています。
梅林は早咲き・中咲き・遅咲きの梅が順次開花を迎えるため、長い期間花を楽しめます。最盛期は2月中旬から3月上旬ごろまでの見込みです。
規模:約120品種500本
最盛期:2月中旬~3月上旬
場所:国営武蔵丘陵森林公園 梅林(南口から徒歩約10分)

■「ロウバイ」や「スノードロップ」なども開花中
ツバキやウメの他にも、ロウのような質感や香りのよさが特徴の「ロウバイ」や、球根を冷凍処理することで遅咲きになった「冷凍ユリ(カサブランカ)」、小さく可憐な「スノードロップ」など、早春の花々が園内で開花しています。
<ロウバイ類>
見頃:~1月下旬(徐々に花数が減少します)
場所:国営武蔵丘陵森林公園
都市緑化植物園 公園・庭園樹園(中央口から徒歩約20分)
<スノードロップ>
見頃:~2月下旬
場所:国営武蔵丘陵森林公園
都市緑化植物園 管理棟横、展示棟前大園路沿い、ハーブガーデン「銀色の庭」(中央口から徒歩約15分)

■花の鑑賞と一緒に楽しめる都市緑化植物園 企画展『したたかなタネたち』
園内の「都市緑化植物園展示棟」では、早春の花々の開花時期に、企画展示『したたかなタネたち』を開催中です。
よく知られた植物のタネから、名前は聞いたことあるけど実物は見たことがないかも…という植物のタネまで、 展示されているタネは全て"本公園で採れたもの”を使用しています。
<企画展『したたかなタネたち』>
日程:2020年1月11日(土)~3月1日(日)
場所:国営武蔵丘陵森林公園
都市緑化植物園 展示棟(中央口から徒歩約15分)

【国営武蔵丘陵森林公園 概要】
所在地:埼玉県比企郡滑川町山田1920
開園時間:
・3/1~10/31…9:30~17:00
・11/1~11/30…9:30~16:30
・12/1~2/29…9:30~16:00
休園日:
・年末年始(12/31、1/1)
・1月の第3、第4月曜日

WEBサイト:
https://www.shinrinkoen.jp

  • twitter SHARE
  • facebook SHARE
  • Line SHARE

新着記事

おすすめ記事

おすすめコラム

公式SNSアカウント

Drive! NIPPON公式SNSにて情報配信中!

» language / 言語