. 12月~3月の間だけ! 阿寒湖・冬に咲く華「フロストフラワー」が開花 | Drive! NIPPON | 国内観光情報ウェブマガジン

12月~3月の間だけ! 阿寒湖・冬に咲く華「フロストフラワー」が開花

カラカミ観光株式会社が運営するニュー阿寒ホテルに隣接する阿寒湖では、12月から3月までの間、フロストフラワーが発生します。冬に咲く氷上の華。神秘的な非日常の世界に包まれながら、日々の疲れを癒してみませんか。

■ 儚いほどに美しい。《フロストフラワー》が彩る厳冬の花畑
フロストフラワーとは、結氷した湖の上にできた雪の結晶が、3つの条件を満たしたときにだけ見られる奇跡の花のことです。3つの条件とは“湖面に雪が積もっていないこと”“無風状態であること”“気温がマイナス15度以下であること”。日本国内にも数多くの湖がありますが、これら3つの条件が揃う湖はマイナス15度の厳冬を迎える地域に限定されており、なおかつ大半は結氷した湖面に雪が積もるため、フロストフラワーを見るチャンスは結氷が始まる12月の1か月間に限られています。
阿寒湖では3つの条件を長期間揃えることができる奇跡の環境が整っているのです。

◆ 結氷後も雪が積もらない湖面があるのはなぜ?
阿寒湖は大きな火山の火口にできた「カルデラ湖」。もともとが火山地帯であったことから湖の底からは常時、温泉が湧き出ているのです。さらにここ阿寒では湖底の泥が火山ガスとともに噴出するボッケ(アイヌ語で「煮え立つ」の意)とよばれる地質現象の「泥火山」もあり、噴出する約100度の火山ガスによって、結氷した湖面に多くの穴(湯壺)が空きます。その湯壺が朝を迎えるころには再度結氷し、積雪のない結氷地域を日々作り出しているのです。

◆ 気温がマイナス15度以下まで冷え込む日が多いのはなぜ?
阿寒湖は標高が400メートルを超えていることに加え、太平洋側の気候のため、放射冷却による冷え込みが強い日々が多いことから、マイナス15度以下という絶好の環境がたびたび生まれるのです。

◆ 無風状態の環境が整うのはなぜ?
阿寒湖自体が大きなカルデラ湖であることから周囲は山で囲まれており、その山々が風を遮ることから無風の状態が生まれやすい状態となっています。

見事にフロストフラワーが咲いた場合でも、近づいてそっと息を吹きかけるだけでも一瞬にして溶けてなくなってしまいます。そんな儚いほどに美しいフロストフラワー。その儚さに尊さを重ねながら、希少な絶景へとぜひ足をお運びください。

■ 奇跡の絶景探しの後は・・・
ニュー阿寒ホテル自慢の“天空ガーデンスパ”で体も芯からぽっかぽか! 奇跡の絶景を見られた方も見られなかった方も仲間や家族、恋人と共に一日の思い出を心ゆくまで語りつくしてください。

【ホテル概要】
名称:ニュー阿寒ホテル
所在地:北海道釧路市阿寒町阿寒湖温泉2丁目8-8
アクセス:
帯広・釧路駅(他立ち寄り有)から有料送迎バス運行あり(予約制)
JR釧路駅より車で1時間20分/釧路空港より車で1時間
駐車場:200台 無料
客室:370室
TEL:0154-67-2121

ウェブサイト:
https://www.newakanhotel.co.jp/

  • twitter SHARE
  • facebook SHARE
  • googlePlus SHARE

新着記事

おすすめ記事

おすすめコラム

Drive! NIPPON公式SNSにて情報配信中!

友だち追加
» language / 言語