福井県 芦原温泉「べにや」女将 奥村 智代さん

“関西の奥座敷”として親しまれ、年間100万人以上の観光客が訪れる福井県屈指の温泉地、あわら温泉。その情緒ある温泉街の中心に位置している「べにや」は、登録有形文化財に指定された創業130有余年の歴史ある旅館です。

明治17年創業。一世紀つづく癒しの温泉宿
明治17年創業。一世紀つづく癒しの温泉宿

温泉療法医がすすめる名湯百選に選ばれている、あわら温泉。泉源は全部で74本、そのうち4本が「べにや」の泉源となっており、100%天然の温泉を源泉かけ流しで堪能できます。また、浴室から眺められる立派な庭園は、日本の原風景を臨んでいるような心持ちに。宿泊の間中、上質な温泉と景観に浸ることができます。

源泉かけ流しの天然温泉は保温•美肌効果が自慢
源泉かけ流しの天然温泉は保温•美肌効果が自慢

⾃家源泉からは毎分100ℓ、約70度の温泉が湧出しているのだそう。泉質は、保温効果に優れているナトリウム・カルシウム−塩化物泉(等張性中性⾼温泉)。柔らかくきめ細やかな湯を、源泉掛け流しで楽しめます。⼤浴場、露天⾵呂のほかに、ヒノキの貸切⾵呂(無料)や⼥性専⽤の露天⾵呂があります。

お部屋でじっくり味わう、四季折々の懐石料理
お部屋でじっくり味わう、四季折々の懐石料理

温泉はもちろん、旬のもの、地のものをふんだんに使った懐⽯料理も永く愛されてきた秘訣です。器から盛り付けまで徹底的にこだわった「基本懐⽯」のほかに、あわびのしゃぶしゃぶと若狭⽜のテールスープがセットになった「あわび懐⽯」、福井の名産「えちぜん蟹」をふんだんに使った「えちぜん蟹プラン」もオススメ。⼥性や年配の⽅に嬉しい「美味少量−Petit−懐⽯」などもあります。

女将13名が利酒師! 多方面で大活躍の「あわら温泉女将の会」
女将13名が利酒師! 多方面で大活躍の「あわら温泉女将の会」

「みんなとっても仲が良いんですよ。」仲が良いのは、あわら温泉をけん引する⼥将さん⽅のこと。「⽉1回の定例会だけでなく、週に2〜3回は⽂化会などでお会いします。グループLINEに連絡が⼊らない日はありません。」所属する⼥将全員が利酒師の資格を取得し、オリジナルの日本酒を米作りから取り組み作るなど、活動はアクティブで多岐に渡ります。「おかげで、ライバルというよりは皆、同⼠ですね。今は温泉街の次世代を育むために全員で尽⼒しています。」

大切な人たちとゆったり過ごしてもらいたい
大切な人たちとゆったり過ごしてもらいたい

実家は⽯川県の粟津温泉。両親が旅館の仕事で忙しくされていたので、幼いころは「⾃分は⼥将にならず、主婦になって⺟親になるんだ」と強く思ったそう。しかし、数奇なことに、良縁があり「べにや」の⼥将に。「女将業」に期待していなかったぶん、想像以上に仕事に励めたのだとか。そんな女将が思う「べにや」の魅⼒は「お部屋⾷」とのこと。「宿泊していただくお部屋で家族や⼤切な⼈と一緒に⾷事を楽しみ、ゆったり過ごしていただきたいです。」昔ながらの情緒を、上質な空間でぜひ体験してください。

べにや
住所/福井県あわら市温泉4-510
TEL/0776-77-2333
営業時間/チェックイン14:00、チェックアウト 11:00
定休日/無休

  • twitter SHARE
  • facebook SHARE
  • googlePlus SHARE