京都府 湯ノ花温泉 「松園荘 保津川亭」若女将 奥村純子さん

“京の奥座敷”こと亀岡の保津峡の近くに佇む和風宿、湯の花温泉「松園荘」。トロッコ列車や保津川下りで有名な人気観光地にあり好立地な宿です。京都の四季折々のお料理を味わい、天然温泉が注がれる広々とした大浴場で手足を伸ばしてくつろぐ特別な時間を存分に満喫してみてはいかが。

京都の季節を感じるこだわり食材
京都の季節を感じるこだわり食材

京都 亀岡の豊かな大地が育む新鮮な農作物や丹波篠山名物で臭みのない上質な猪肉、丹波牛等の銘柄牛、毎朝京都中央卸売市場から仕入れる鮮度抜群の魚介類など、京都は食材の宝庫。海の幸と山の幸、それぞれの旬を集めたお料理を、ゆっくりとした時間の中で堪能できます。

豊富で良質な泉質を誇る「湯の花温泉」
豊富で良質な泉質を誇る「湯の花温泉」

能舞台をイメージして作られた風情ある空間を抜けて広々とした大浴場へ。ゆったりとくつろげる大きな浴槽と多彩なジャグジーバスが疲れを癒してくれます。さらに奥へと進むと、備長炭、麦飯石を用いた薬湯風呂、桧のお風呂、ミストサウナなどバリエーション豊かな温泉風呂が楽しめます。そして、一番奥には緑に囲まれた石の露天風呂。滝の水しぶきと川のせせらぎが、至福の時間を演出します。京都の天然温泉「湯の花温泉」の温もりに包まれて極上のひとときをお過ごしください。

京都の四季を感じることのできる客室
京都の四季を感じることのできる客室

木の温もりを大切にした落ち着いた客室。露天風呂を備えた「露天風呂付客室」や、ひのきの味わいを感じる「ひのき風呂付客室」、和室と洋室の両方を備えた「和洋室」、そして、1室限定の贅沢な「展望露天風呂客室」など、それぞれの旅のスタイルに合わせたくつろぎのカタチが楽しめます。京都の四季を感じさせてくれるプライベート空間。日常の喧騒を忘れ、優雅で穏やかな気分にさせてくれます。

非日常を愉しむ風情溢れるロビー・エントランス
非日常を愉しむ風情溢れるロビー・エントランス

エントランスへ続く石畳の横には、保津川の水のせせらぎを思わせる凛とした美しい庭が出迎えてくれます。そして、玄関に足を踏み入れると、天の川をイメージした開放感ある吹き抜けの空間が広がり、その豪奢さに圧倒されます。さらに、障子窓や木造りの回廊に取り囲まれた通路を歩けば、まるで夢心地の気分。日常から解き放たれ、時間の流れがゆっくりと変わっていくことに気づくはず。落ち着いた心安らぐ特別な旅を華やかに彩ります。

元気で前向きでアクティブな老舗旅館の若女将
元気で前向きでアクティブな老舗旅館の若女将

若い頃はアルバイト代わりにフロントを手伝ったり、配膳したり、たまに着物を着て女将と一緒にお客様への挨拶まわりもしていたと語る若女将。「若いうちしか行けないから今のうちに行っとき」と、女将である母親にも背中を押されアメリカに留学。自由な風土の中で、日本の良さ、京都の良さ、そして文化の違いを体感したと言います。特に、多民族が一緒に生活していく環境ではお互いの思いやりがとても大事、という印象を受け、それは今でも活きているんだとか。
帰国後、女将から「今日から着物着て挨拶出よし」と言われ、若女将業が始まったそうです。「言われた時は素直に嬉しいと思いました。女将をしている母は憧れでしたから。その偉大さを、子供を産んでから、子育てを通じて改めて認識させられました。息子とはしょっちゅうケンカばかりしていますが」と微笑みながら語ってくれました。
「ここでは時間を忘れて、難しいことは考えず、温泉にゆっくり浸かっていただき、自分らしくのんびり、ゆっくり過ごしてもらえるのが一番いい。そのお手伝いをさせていただきたいと思います」。
料理長の父に、女将である母。旅館業にとって理想的な環境下で育ったこともあり、笑顔で自然な気遣いができてしまう根っから若女将な女性でした。

京都府 湯ノ花温泉 松園荘 保津川亭
住所/京都府亀岡市湯の花温泉
TEL/0771-22-0903

  • twitter SHARE
  • facebook SHARE
  • googlePlus SHARE