神戸の異国情緒漂う観光スポットを巡ろう

食べて散策して、レトロ神戸で異国情緒を味わおう!
食べて散策して、レトロ神戸で異国情緒を味わおう!

神戸港開港とともにやってきた外国人の居住地・北野エリアや、旧居留地エリアなど、神戸には当時の洋風建造物が今も残され、散策するだけで異国情緒を味わうことができるスポットが満載。横浜、長崎と並ぶ日本三大チャイナタウンのひとつ南京町ではアジアの熱気も体感できます。多国籍文化を神戸で堪能してみよう。

異人館が立ち並ぶロマンチックな北野エリア
異人館が立ち並ぶロマンチックな北野エリア

明治から昭和初期の神戸港開港後にやってきた外国人の旧宅が点在している北野エリア。公開異人館や美術館、雑貨店などに立ち寄りながらのんびり散策を楽しむことができます。また、民族衣装の試着やものづくり体験、老舗のバーやJAZZハウス、各国の料理が楽しめるレストランもあります。海外旅行気分を存分に味わって。

神戸市中央区北野町

北野エリアの名物異人館「萌黄の館」
北野エリアの名物異人館「萌黄の館」

明治36年(1903)にアメリカ総領事の邸宅として建築された萌黄の館。木造の2階建てで、さわやかなグリーン色と、2つの異なる形の張り出し窓が特徴です。アラベスク風模様が施された階段・重厚なマルトンピースなど贅沢な意匠が随所に施され、解放感たっぷりの2階ベランダからの神戸市街地の眺望は特に必見です。

神戸市中央区北野町3-10-11

TEL:078-222-3310

日本三大チャイナタウンの一つ「南京町」
日本三大チャイナタウンの一つ「南京町」

横浜中華街、長崎新地中華街とともに日本三大チャイナタウンの一つに数えられる南京町。中華の食材や雑貨、料理など、多彩な店舗が軒を連ね、アジアの熱気を体感することができます。1月または2月には春節祭、9月または10月には中秋節など、一年を通して様々なイベントも開催。手軽なテイクアウトグルメも多いので名物を食べ尽くしてみよう!

神戸市中央区元町通・栄町通1~2

TEL:078-332-2896

「旧居留地」で洋風建築を巡ろう
「旧居留地」で洋風建築を巡ろう

明治時代、貿易を中心に神戸で活躍した外国人たちが暮らした地区・旧居留地。昔の外国映画の世界にタイムスリップしたようなクラシカルな建物が多く残り、当時の面影を今も感じることができます。建物を生かしたオープンカフェやレストラン、ショップに立ち寄りながら、美しい街並みを体感してみて。

神戸市中央区

写真提供:一般財団法人 神戸観光局

  • twitter SHARE
  • facebook SHARE
  • googlePlus SHARE