厳選!全国の乗り物の旅~厳選10番外編~

旅の手段ではなく、目的に「乗り物」という選択肢を
旅の手段ではなく、目的に「乗り物」という選択肢を

日本中に存在する、列車や舟などの魅力的な乗り物。古くから愛され守り続けられているものや、その土地の良さを一番堪能できるものなど、その目的は様々。移動手段としてだけでなく、ご当地ならではの乗り物を旅のメインすることで、景色や歴史に触れることができ旅行の楽しさがupします。

「大阪港帆船型観光船 サンタマリア」で大阪ベイエリアの名所を周遊!
「大阪港帆船型観光船 サンタマリア」で大阪ベイエリアの名所を周遊!

天保山ハーバービレッジ・海遊館発着の、大阪ベイエリアの名所を周遊する港帆船型観光船。新大陸に到達したコロンブスの旗艦「サンタマリア号」を約2倍もの規模で復元した、ゆったりしたスペースが魅力です。「デイクルーズ」は、毎日1時間ごと運行、所要時間約45分。4月下旬~10月の土・日曜、祝日には、所要時間約60分の「トワイライトクルーズ」(予約制)も実施されます。

大阪府大阪市港区海岸通1-1-10 海遊館エントランスビル2F

TEL:06-6633-1423(商店街振興組合)

歌川広重の浮世絵にも描かれている「うずしお」と観潮船
歌川広重の浮世絵にも描かれている「うずしお」と観潮船

太平洋と瀬戸内海の潮の干満差によって起こる現象「うずしお」。春と秋の大潮にできるうずしおは世界一の大きさで大迫力です。うずしおを近くで観覧するための観覧船も多く出航。世界一の規模、潮流の速度も日本一で世界三大潮流のひとつに数えられています。淡路島の特産品や観光案内を行っている「道の駅うずしお」から見られる明石海峡大橋や島の景色もおすすめ。

南あわじ市福良丙947-22

TEL:0799-52-1157(道の駅うずしお)

「海中観光船ブルーマリン」 日本屈指の幻想クルーズを楽しもう
「海中観光船ブルーマリン」 日本屈指の幻想クルーズを楽しもう

豊かな自然と海に恵まれた竹ヶ島海中公園の周囲を約45分で一巡り。船底の展望室からは、座ったまま美しい珊瑚やカラフルな熱帯魚を見ることができ、まるで海中を散歩している気分を楽しめます。屋外のデッキから眺める景色も爽快。大人1800円、子ども900円。9~16時まで1時間ごとに運航する(正午はGW・お盆・年末年始のみ)、火曜休み(祝日の場合は翌日※荒天時欠航)。

徳島県海部郡海陽町宍喰浦字竹ヶ島28-45 マリンジャム内

TEL:0884-76-3100

復元されたマッチ箱のような汽車「坊っちゃん列車」
復元されたマッチ箱のような汽車「坊っちゃん列車」

「坊っちゃん列車」は夏目漱石の小説「坊っちゃん」の主人公が小説の中で乗ったことからその愛称で親しまれるようになり、明治21年から67年間市民の足として親しまれました。当時、蒸気機関車ならではの黒い煙を吐き出し走る姿が特徴でしたが、現在ではディーゼル車両として復元。松山の市街地から道後温泉まで景色を楽しみながら当時の雰囲気が味わえます。

愛媛県松山市道後

TEL:089-948-3222(伊予鉄道 庶務課)

古きよき日本の列車、蒸気機関車「SLやまぐち号」 で小旅行を
古きよき日本の列車、蒸気機関車「SLやまぐち号」 で小旅行を

昭和40年代国鉄の近代化・合理化により廃止された全国の蒸気機関車のうち、地元やSLファンの声で昭和54年山口線にSLが復活を遂げました。現在、「貴婦人」の愛称で親しまれるC57形1号機関車(C571)は、「新山口」を出発し「湯田温泉」、大内文化の香り漂う「山口」、「長門峡」、山陰の小京都「津和野」までの62.9kmを約2時間かけて走っています。迫力満点の重連運転も見もの。

山口県山口市小郡

TEL:083-933-3204(山口線SL運行対策協議会事務局)

  • twitter SHARE
  • facebook SHARE
  • googlePlus SHARE