心躍る感動の世界へ 仙台を楽しむ大人散歩

格別の旅情を感じる、非日常スポットへ
格別の旅情を感じる、非日常スポットへ

壁一面に広がる大水槽や迫力のプロジェクションマッピング、冬限定の美しいイルミネーション、熱気でいっぱいのスポーツ観戦、異空間が広がるレトロな横丁など。みどころ満載の仙台の中から、圧巻の空間に心ときめく感動のスポットをご紹介します。ここでしか味わえない体験を求めて、いざ杜の都・仙台へ訪れてみて。

迫力の映像体験を備えパワーアップ「仙台うみの杜水族館」
迫力の映像体験を備えパワーアップ「仙台うみの杜水族館」

幅14m、高さ7.5mもの大水槽を中心に三陸の豊かな海を再現した水槽展示や、スタジアムでのイルカ・アシカのパフォーマンス、エサやりや記念撮影などのふれあい体験など、楽しみ方満載の水族館。2017年7月には、最新テクノロジーが織りなす360°大迫力のプロジェクションマッピングも新登場しました。リアルサイズ(15m)のザトウクジラが迫りくるなど、これまでにない映像体験を体感することができます。

仙台市宮城野区中野4-6

TEL:022-355-2222

ため息が出るほどの美しさ「SENDAI光のページェント」
ため息が出るほどの美しさ「SENDAI光のページェント」

毎年12月上旬から31日にかけて開催されるイルミネーションイベント「SENDAI光のページェント」。仙台市のシンボルロードともいえる約700mものケヤキ並木が、数十万個のLEDのライトで煌びやかな世界へと姿を変えます。18時、19時、20時の1日3回には、1分間消灯した後に再度点灯を行うスターライト・ウインクを実施。一瞬のうちに辺り一面光でいっぱいになる感動の瞬間が好評で、周囲からは歓声が飛び交います。

仙台市青葉区定禅寺通

TEL:022-261-6515(SENDAI光のページェント実行委員会)

「Koboパーク宮城」で地元ファンと一緒にスポーツ観戦!

©Rakuten Eagles

「Koboパーク宮城」で地元ファンと一緒にスポーツ観戦!

プロ野球球団「東北楽天ゴールデンイーグルス」の本拠地である「Koboパーク宮城」。ユニフォームやチームカラーであるクリムゾンレッドの応援グッズを身にまとい、地元ファンと一緒に観戦を楽しんでみるのはいかが。歌ったり、タオルを回したり、7回表終了後には勝利を祈り、球団歌を歌って赤いジェット風船を飛ばしたりと、ホームでしか味わえない感動と熱気を体感することができます。併設する公園やカフェ、イベント施設も合わせて立ち寄ってみて。

仙台市宮城野区宮城野2-11-6

TEL:050-5817-8100

レトロな雰囲気漂う「壱弐参(いろは)横丁」
レトロな雰囲気漂う「壱弐参(いろは)横丁」

昭和の面影を残す横丁めぐりも、仙台市観光の外せないスポットの一つ。なかでも昭和21年(1946)に前身をスタートさせた「いろは横丁」は、現在も当時の香りを色濃く残し雰囲気抜群です。2本の通りに飲食店や雑貨店など新旧様々なお店が約100軒。小ぢんまりとしたお店ばかりなので、店員さんや地元の方との交流も楽しめるのが魅力です。徒歩1分の距離には、飲食店や居酒屋が中心の「文化横丁」もあります。

仙台市青葉区一番町2-3-28

TEL:022-223-3151

  • twitter SHARE
  • facebook SHARE
  • googlePlus SHARE