やっぱり一度は訪れたい、大本命の名古屋名所。

定番だけど行くたび新しい発見がある! 究極の観光スポット
定番だけど行くたび新しい発見がある! 究極の観光スポット

名声ゆえ、意外と訪れたことがなかったり、内情まで知らなかったりするのが定番の観光スポット。「名古屋といえば名古屋城」という声が聞こえてきそうですが、その名古屋城でも今後のスケジュールや復元など、知らないことが多いのでは? 今回はそんな名古屋の定番観光地を紹介します。

来春には横丁もお目見え予定! ますます活気づく「名古屋城」
来春には横丁もお目見え予定! ますます活気づく「名古屋城」

1612年(慶長17年)、徳川家康が天下統一の最後の布石として築いた「名古屋城」。戦災で焼失しましたが、1959年に五層の大天守閣と小天守閣が再建されました。大天守閣には重要文化財の障壁画や歴史資料を展示、3階から5階にかけては「実物大金鯱模型」や「石引き体験」、「駕篭乗り体験」ができるなど、城内をまわりながら名古屋城と名古屋の歴史を学ぶことができます。現在、かつて近世城郭御殿の最高傑作と言われ、国宝に指定されていた本丸御殿の復元工事が順調に進めらており2019年に完成を予定。また、来春には地域を代表する食と銘菓が楽しめる「金シャチ横丁」のオープンも控えており、刻一刻と変わる姿を眺めることができます。
 
入場料¥500

愛知県名古屋市中区本丸1-1

TEL:052-231-1700

  • twitter SHARE
  • facebook SHARE
  • googlePlus SHARE