トップページ >特集

2023.07.25 Tue

北アルプスに抱かれる「大町市」、自然の恵みを知る旅路

※ 掲載記事に関して
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、紹介する施設によっては営業時間の変更や休業、イベントの延期・中止が生じる場合があります。また、情報は記事掲載時点のものです。お出かけの際は、事前にHPなどで詳細をご確認ください。

北アルプスのふもとに広がる長野県大町市。西は富山県、北は長野県白馬村と隣接しています。トレッキングやウィンタースポーツを楽しめる山岳や、ウォーターアクティビティを楽しめる「仁科三湖」と呼ばれる3つの湖、そして森に囲まれる温泉郷など、自然の恵みにあふれます。また、立山黒部アルペンルートの拠点としても便利。今回は、そんな大町市でおすすめの観光スポットを紹介します。
(写真提供:フィールドデザイン)

気軽に行ける絶景がある「鷹狩山展望公園」

気軽に行ける絶景がある「鷹狩山展望公園」

市街地にあるJR「信濃大町駅」から車で20分ほど。北は白馬岳から南は常念岳まで、大町の街並みと共に一望できる展望公園です。夕方には、北アルプスの向こうに沈む夕日と、街並みの夜景を、視界いっぱいに楽しめます。
さらに展望公園は「信州ふるさとの見える(丘)」のほか、「恋人の聖地」にも選ばれています。迫りくる雄大な山々の大パノラマの前に、ハート形のモニュメントが設置されていて、ロマンチックな雰囲気です。
(写真提供:フィールドデザイン)

■住所:長野県大町市八坂8583-2
■URL:https://kanko-omachi.gr.jp/spot/takagariyama/

北アルプスを背景にする「青木湖」

北アルプスを背景にする「青木湖」

大町市が誇る3つの大きな湖「仁科三湖」。そのうち最大の湖が「青木湖」です。初夏には「ホタル観賞クルーズ」もおこなわれるほどキレイな水質で、県下有数の透明度を誇ります。周囲の森を湖面へと映し出し、キラキラと輝いています。
周辺にはキャンプ場が点在。湖畔のキャンプ場は、深い森に囲まれて落ち着いた雰囲気です。また、アクティビティ体験ができる施設もあるので、釣りやカヌー、SUPなどのウォータースポーツも楽しめます。

■住所:長野県大町市平青木
■URL:https://kanko-omachi.gr.jp/spot/aokiko/

実は大町市からのアクセスが便利「黒部ダム」

実は大町市からのアクセスが便利「黒部ダム」

北アルプスの山々に抱かれて、大迫力の放水を間近に見る「黒部ダム」。186mと壁面の高さ日本一のダムのアーチには、虹がかかる姿が見られます。
大町市は、黒部ダムへと続く「立山黒部アルペンルート」の長野県側の玄関口。市街地にあるJR「信濃大町駅」から車で25分ほどの「扇沢駅」にて車を駐車し、電気バスに15分ほど乗ると、黒部ダムへと到着します。
拠点として便利なのは「大町温泉郷」。「扇沢駅」へ車で15分ほどの立地です。名湯を楽しめる数々の旅館やホテルが、軒を連ねています。
(提供:フィールドデザイン)

■住所:富山県中新川郡立山町芦峅寺
■URL:https://www.kurobe-dam.com/

ハーブや花々に囲まれる「ラ・カスタ ナチュラル ヒーリング ガーデン」

ハーブや花々に囲まれる「ラ・カスタ ナチュラル ヒーリング ガーデン」

精油を取り入れたナチュラルヒーリング化粧品「ラ・カスタ」が展開する予約制ガーデンです。季節によって変わるガーデンは、香り高いハーブや、美しい花々に彩られる癒しの空間。ブランドテーマ「植物の生命力と癒し」を五感で感じながら、自由に散策できます。
そのほか、気に入った香りを自分でブレンドして、アロマミストやアロマサシェの製作体験ができる「調香体験」や、ハーブを使ったメニューを味わえる「シーズンテラスのカフェ」など、さまざまな楽しみがあります。

■住所:長野県大町市常盤9729-2
■開園期間:4月下旬〜11月上旬(11月中旬〜4月中旬まで冬期休園)
■開園時間:4月〜9月10:00~17:00/10月〜11月10:00~16:00
■休園日:毎週水曜日、祝日の場合は翌日休園
■入園料:大人・高校生 1,100円(税込)小・中学生 550円(税込) 未就学児は無料 障害者手帳ご提示でご本人と付添1名は入園料半額
■URL:https://www.lacasta-garden.com/

昭和を思わせる「大町名店街(おおまちめいてんがい)」

昭和を思わせる「大町名店街(おおまちめいてんがい)」

信濃大町駅から、本通りを北へ歩いて10分ほどのところにある商店街。140mほどの昔懐かしいアーケードの下には、お食事処や居酒屋、バー、花屋など個性的なお店が並んでいます。
昼はアーケードを通して日差しが降り注ぐ、やわらかい雰囲気。一方で、夜になれば各看板が点灯し、また異なる雰囲気へと変わります。足元に目をやれば、曲線で描かれたアートが奥へと続いていて、人々を昭和レトロな空間へといざないます。

■住所:長野県大町市大町2532-7
■URL:
https://kanko-omachi.gr.jp/spot/%E5%A4%A7%E7%94%BA%E5%90%8D%E5%BA%97%E8%A1%97/

  • twitter SHARE
  • facebook SHARE
  • Line SHARE
» language / 言語