快適な観光列車でのんびり旅〜近鉄の観光列車「つどい」足湯列車〜

旅気分を盛り上げる観光列車で、いざ湯の山温泉へ
旅気分を盛り上げる観光列車で、いざ湯の山温泉へ

2018年に開湯1300年を迎えた湯の山温泉。御在所岳の麓にあり、紅葉や雪景色など季節の移り変わりが楽しめる自然豊かな温泉街です。関西の奥座敷とも呼ばれ、日常を忘れてゆったりと静かな休日を過ごすのにぴったり。この湯の山温泉へは、近鉄名古屋駅〜湯の山温泉駅間で期間限定運行されている観光列車「つどい」がおすすめです。なんとこの電車の中では、地元温泉の源泉を使用した”足湯”が楽しめるんです。今だけの特別な観光列車で、いつもと違う旅に出かけませんか。

ゆっくりと景色を楽しむ快適なくつろぎ空間
ゆっくりと景色を楽しむ快適なくつろぎ空間

ブラウンとクリーム色、そしてゴールドのラインがワンポイントで施され、レトロな雰囲気が目を引く車体。座席や床面など内装もリニューアルされ、より快適に列車での旅が満喫できるようになりました。外の景色が眺めやすいよう窓に向かって設置された座席からは、目的地へ近づくにつれて変わる景色に心踊ります。

贅沢に温泉気分を味わう
贅沢に温泉気分を味わう

この列車の魅力の一つが足湯。菰野温泉けやきの湯を使用した足湯に浸かれば、足の先から温まる癒しのひととき。列車に揺られながら極上の時間を過ごせる贅沢な旅へいざないます。

移動しながら自慢の地酒で観光気分
移動しながら自慢の地酒で観光気分

2号車バーカウンターでは、菰野町の特産品を販売しています。また、菰野町の酒造で選りすぐりの地酒三種が飲みくらべできるセットも販売。足湯でポカポカになった後は地酒でほろ酔い。観光列車「つどい」でしか味わえない至福の時間を自分へのご褒美にいかが。

美人の湯と絶景は外せない。湯の山温泉を楽しむさまざまな特典
美人の湯と絶景は外せない。湯の山温泉を楽しむさまざまな特典

傷ついた鹿が傷を癒したという言い伝えから「鹿の湯」とも呼ばれる湯の山温泉。古くから多くの文豪や歌人、動植物研究家に愛されてきました。泉質は、アルカリ性ラジウム泉で、美肌に効く美人の湯としても評判。今なら観光列車「つどい」の乗車記念プレゼントの「湯の山温泉割引手形」を見せると、入浴料300円で日帰り入浴ができるのも嬉しい。また、温泉街と御在所岳を繋ぐ御在所ロープウエイは、この温泉手形で往復乗車券が半額に。標高1212mの御在所岳は、琵琶湖や伊勢湾が一望できる人気スポットです。ロープウエイで空中散歩を楽しみながら、雪で包まれた大絶景をご堪能ください。
※「湯の山温泉割引手形」の特典は、2019年3月31(日)までのうち1日、各施設1回限り有効。
※御在所ロープウエイは12月6日(木)〜19日(水)まで、設備工事のため運休。

【観光列車「つどい」足湯列車概要】

■運行日:2019年2月24日(日)までの土・日・祝日
※12月29日(土)、30日(日)、2019年1月1日(火・祝)、5日(土)、6日(日)、26日(土)、27日(日)は運休日
■運行期間:近鉄名古屋駅〜湯の山温泉駅間(直通運転)
■定員:56名
■料金:大人500円 子ども(小学生)250円 ※別途、乗車区間に応じた乗車券が必要。
※足湯の利用には、「足湯利用券(別途100円/大人、子どもとも)」の購入が必要。乗車当日車内にて販売。
■発券場所、運行時間、その他詳細はホームページから▼
https://www.kintetsu.co.jp/senden/yukouyo_yunoyama/tsudoi/
■近鉄エリアキャンペーン 開湯1300年「ゆこうよ 湯の山」実施中!
https://www.kintetsu.co.jp/senden/yukouyo_yunoyama/

  • twitter SHARE
  • facebook SHARE
  • googlePlus SHARE