丸森町最大の観光イベント!第30回「齋理幻夜」8/11(土)開催

宮城県伊具郡丸森町で、江戸時代後期から昭和初期にかけて、呉服・太物の商売に始まり縫製業、味噌・醤油の醸造など幅広い事業を展開し、七代にわたり栄えた豪商、齋藤理助氏。その屋敷および収蔵品すべてを町が寄贈を受け、「蔵の郷土館」として開館したのが齋理屋敷です。

約1,000基の絵とうろうの灯りが会場全体を包み込む幻想的なイベント「齋理幻夜」、今年は『祝宴 ~開館30周年~』と題し、2018年8月11日(土・祝)に盛大に開催します。
当日は、津軽三味線奏者「柴田三兄妹」の演奏や、東北弁落語家「今野家もう世」の噺、ご家族で楽しめる「ミニとうろうづくり」や、似顔絵師、大道芸人など、盛りだくさんのイベントで、祝いの宴をお楽しみください。

【開催概要】
■日時
8月11日(土・祝)午後5時30分~(屋敷開門 午後6時15分)

■会場
丸森町齋理屋敷(宮城県伊具郡丸森町字町西25番地)とその周辺

■駐車場
500台〔丸森町役場周辺(宮城県伊具郡丸森町字鳥屋120番地)〕
(混雑が予想されますので、 丸森駅から無料シャトルタクシーをご利用ください。 )

■イベント内容
・津軽三味線「柴田三兄妹」
・落語「今野家もう世」
・和みの似顔絵
・ミニとうろうづくり
・大道芸人
・齋理ざっとむかし(語り部による昔ばなし)
・幻夜新聞
・物販ブース
・変身館(モガ・モボに変身!)
・手踊り、 吹奏楽、 太鼓演奏などお楽しみ盛り沢山!
※入場無料

■連絡先
0224-72-3017(丸森町商工観光課)

■備考
第29回「齋理幻夜」ハイライト
http://marumori.jp/blog/2017081626566/

  • twitter SHARE
  • facebook SHARE
  • googlePlus SHARE