札幌の夏はイベントが盛りだくさん! 国内最大級のビアガーデン「第65回さっぽろ夏まつり」7/20(金)から開催

札幌市では、大通公園に国内最大級のビアガーデンが登場する「第65回さっぽろ夏まつり」が、2018年7月20日(金)~8月17日(金)に札幌市内で開催されます。

<ビールの夏「第65回さっぽろ夏まつり」>
今年で65回目を迎える「さっぽろ夏まつり」は、毎年100万人以上が訪れる、札幌の夏を代表するイベントです。大通公園5~11丁目に約1カ月間出現する国内最大級のビアガーデン、北海盆踊り、札幌狸小路商店街の狸まつり、すすきの祭りのほか、多くの協賛行事が行なわれています。
昨年は、27日間の開催でなんと39万リットルのビール(ノンアルコールビール・焼酎・カクテル・ワインは含まず)が消費されるなど、ビール好きの圧倒的な支持を受けるイベント。

■1.3万席もある!「福祉協賛さっぽろ大通ビアガーデン」でビールを楽しもう!
「福祉協賛さっぽろ大通ビアガーデン」は「さっぽろ夏まつり」の一環として、札幌の中心部にある大通公園で毎年開催される巨大ビアガーデンです。およそ1kmにおよぶ会場には約13,000席が用意されており、各丁目ごとにテーマが異なるビアガーデンが約1か月開催されます。

■「狸まつり」「すすきの祭り」も期間内に実施!
札幌狸小路商店街は、140年以上の歴史を誇る北海道で最古の商店街の一つ。札幌中心部を東西約1kmにわたって土産物店やカラオケ店など約200店が軒を連ねるアーケード商店街で、最近では海外からの観光客にも人気のエリアとなっています。その狸小路で「さっぽろ夏まつり」と同時期に開催されるのが「狸まつり」。狸小路商店街全体が装飾され、狸子供神輿や狸神輿渡御が行われます。
又、すすきの地区で行われる「すすきの祭り」では、歩行者天国に100軒もの屋台が立ち、「花魁道中」や勇壮な神輿の宮入、よさこいソーラン出場チームによるパフォーマンスなど、多彩な企画で訪れる方に熱気と興奮をお届けします。

■「北海盆踊り」に飛び入り参加しよう!
「さっぽろ夏まつり」を締めくくるのは、同じく大通公園で行われる「北海盆踊り」。 北海盆唄に合わせて踊り手がやぐらの周りで踊る様子は、日本の夏ならではの光景です。生演奏で踊る盆踊りは、市民の踊り手に混ざって旅行者でも飛び入り参加が可能。普段着でも踊れますが、浴衣を持っていなくても、浴衣のレンタル・着付けをしてもらって、浴衣で盆踊りデビューすることもできます。

【「第65回 さっぽろ夏まつり」開催概要】
■会期:2018年7月20日(金)~8月17日(金)※イベントによって会期が異なります。
・福祉協賛さっぽろ大通ビアガーデン:7月20日(金)~8月15日(水)
・第65回狸まつり:7月20日(金)~8月17日(金)
・第54回すすきの祭り:8月2日(金)~8月4日(土)・北海盆踊り:8月11日(土・祝)~8月17日(金)

■会場:
・札幌市中央区大通西4丁目~11丁目(福祉協賛さっぽろ大通ビアガーデン)
・札幌市中央区南2西1~7(第65回狸まつり)
・札幌市中央区南5条西3丁目(第54回すすきの祭り)札幌市中央区大通西2丁目(北海盆踊り)

■公式サイト: http://sapporo-natsu.com/

  • twitter SHARE
  • facebook SHARE
  • googlePlus SHARE