標高1,828mの絶景スポットで360度続く大パノラマを堪能!「黒部平パノラマテラス」が黒部平駅に7/14(土)オープン

富山県の代表的観光地である「立山黒部アルペンルート」を運営する立山黒部貫光株式会社は、立山黒部アルペンルート内の黒部平駅に「黒部平パノラマテラス」を2018年7月14日(土)にオープンいたします。
オープン当日にはアルペンルート限定の地ビール「星の空」の販売や越中陶太鼓(えっちゅうすえだいこ)の演奏、記念品の配布などオープン日限定イベントを開催いたします。

■360度続く雄大なパノラマで四季折々の絶景を味わえる!
富山と長野を結ぶ山岳観光ルートである「立山黒部アルペンルート」内に位置する黒部平駅(標高1,828m)に、この夏新しくテラスが誕生します。黒部平駅は、扇沢から入ると日本一の高さを誇る「黒部ダム」から黒部ケーブルカーで約5分に位置し、立山駅から入ると大観峰から立山ロープウェイで約7分の所に位置します。
このテラスの最大の特長は、視界が広く、立山連峰東壁から後立山連峰へ360度続く雄大な大パノラマを楽しめること。春は残雪輝く峰々、夏は新緑鮮やかな夏山、秋は一面に広がる紅葉絨毯…四季折々で様々な表情を見せる立山の絶景をカメラに収めることができます。
開放感あふれる癒しの空間でのんびりと過ごせば、峰々の自然の中に包まれるようなプレミアムなひとときを味わえます。

2012年に誕生した標高2,316mに位置する大観峰駅の「大観峰雲上テラス」に続き、今回の「黒部平パノラマテラス」のオープンによりアルペンルート内に2つの絶景テラスが誕生することとなり、標高の異なる2つの絶景テラスから立山の壮大なパノラマをより身近に楽しむことができます。また、黒部ダムには「レインボーテラス」もあり、観光放水にかかる虹のアーチをご覧いただけます。

【「黒部平パノラマテラス」概要】
オープン日:7月14日(土)
※オープン期間は11月中旬頃まで。
天候や気象条件等により閉鎖する日や、オープン期間が短縮する場合もあり。
利用時間 :アルペンルートの乗り物の運行時間帯
料金 :入場、利用無料 ※別途、アルペンルートの乗車券は必要

【7月14日・オープン日限定イベント開催】10:00~
(1)立山地ビール「星の空」販売(荒天の場合は15日に延期)
日本名水百選「立山玉殿(たまどの)の湧水」を使用した、アルペンルート限定の地ビール!!
~1杯400円(税込)で販売!購入者にはオリジナルコースターをプレゼント!~

(2)越中陶太鼓(えっちゅうすえだいこ)によるオープン記念演奏(荒天の場合は中止)

(3)来場者1,828名(黒部平駅の標高に合わせて)に、オープン記念品を配布
(※先着100名様には、アルペンルート乗り物ペーパークラフトをプレゼント)

(4)限定1組のカップルによる告白イベント
カップルのためのとっておきの限定イベントが開催!
黒部平~大観峰区間を運行する立山ロープウェイで、応募によって選ばれた限定1組のカップルによる告白イベント「立山ロープウェイで愛を叫ぼう!~天空の世界で愛の告白タイム~」が行われます。

  • twitter SHARE
  • facebook SHARE
  • googlePlus SHARE