小田原の“夏”を彩る「第27回小田原ちょうちん夏まつり」7/28(土)、29(日)開催!

一般社団法人小田原市観光協会は、2018年7月28日(土)と29日(日)に、小田原城址公園で「第27回小田原ちょうちん夏まつり」を開催します。本イベントは、歴史に名を残した“小田原ちょうちん”をシンボルとした夏の一大イベントです。東海道の宿場町だった小田原で江戸時代に売り出されたちょうちんは、箱根越えの旅人が持ち運びしやすいように、折りたためる蛇腹形状が特徴で、 当時の人々の評判を呼びました。 おまつり両日には、会場の二の丸広場を中心にユニークな催しものが多数開催されます。

<イベントの見どころ>
■小田原ちょうちんアートフェア
地元の小学生が作った約2,000個の手作りちょうちんが小田原城址公園のお堀沿いに飾られます。水面に映し出されるちょうちんの灯りが闇夜に輝く光景はとても幻想的。28日18:50頃に、二の丸広場のカウントダウンと同時に、一斉にちょうちんに灯がともる感動の瞬間は必見です。 ちょうちんは8月5日(日)までお堀全域に展示され、期間中は18:30~22:00の時間帯に点灯をお楽しみいただけます。

■ちょうちん制作体験
会場には、オリジナルの小田原ちょうちんを制作できる体験コーナーがあります。地元のボランティアの方の指導の下、子供から大人まで十分に楽しめる内容です。最近は国内だけでなく、外国人観光客にも人気です。体験料金はちょうちん1個で1,000円。所要時間は90分程度です。

■みこしパレード
29日に行われる「自治会みこしパレード」(16:35頃~)は、市内のみこしが一堂に集まります。地元自治会の方々が小田原城周辺を勇壮に練り歩く姿は、毎年多くの観光客に感動を与えています。みこしは、走りながらみこしを運ぶ "走りみこし"と呼ばれる小田原独自の「小田原流」に加え、甚句(じんく)が祭り気分を盛り上げる「どっこい流」、よく知られた「江戸前担ぎ」と、それぞれ独自の心意気を感じられます。

【イベント概要】
名 称: 第27回小田原ちょうちん夏まつり 
日 時: 2018年7月28日(土)、 29日(日)12:00~20:30 ※小雨決行
場 所: 小田原城址公園二の丸広場とその周辺 (小田原駅から徒歩10分)
主 催: (一社)小田原市観光協会 
料 金: 入場無料 ※ちょうちん制作は有料

  • twitter SHARE
  • facebook SHARE
  • googlePlus SHARE