滋賀の寿長生の郷にて収穫体験「梅狩り」、6/10~7/2開催

※ 掲載記事に関して
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、紹介する施設によっては営業時間の変更や休業、イベントの延期・中止が生じる場合があります。また、情報は記事掲載時点のものです。お出かけの際は、事前にHPなどで詳細をご確認ください。

滋賀県大津市にある和菓子屋「叶 匠寿庵(かのうしょうじゅあん)」の本拠地「寿長生の郷(すないのさと)」では、6万3,000坪の敷地に広がる梅林にて、菓子原料として栽培されている約1,000本の梅の実が大きく育ち、収穫の時期を迎えています。
今回、中でも一番多く栽培している『城州白梅』の梅の実を収穫できる「梅狩り」が、6月10日(土)~7月2日(日)の日程で開催されます。毎年人気の収穫体験に参加してみませんか。

■城州白梅(じょうしゅうはくばい)
京都府城陽市の青谷地域でしかほぼ栽培されていない希少性の高い品種で、大粒で果肉が厚く、桃のような芳醇な香りが特徴。創業者が多数の品種から菓子に合う素材を探し求めてたどりつきました。

■本年の梅の様子
叶 匠壽庵の本社・寿長生の郷では、1985年の開設以来、敷地内の農地でお菓子の原料である梅や柚子を育てており、中でも梅の木は観賞用や交配用も含め、紅白合わせて現在10品種約1,000本植えております。最も多い城州白梅は、毎年春には真っ白な花弁をつけ、梅林一面にほのかに甘い香りを漂わせます。そして6月になると大きく育った実を収穫し、自社の梅蔵でお菓子に使う梅酒へと加工するほか、苑内での販売や梅ジュースにするなど様々な形で商品化されています。

■『梅狩り』期間中の限定商品
梅狩り期間中は収穫体験の他にも、梅を使用したパンや限定メニュー、城州白梅ソフトクリーム、希少な天然氷から作るかき氷「氷室守」など、この時期にしか食べられない商品が各所でいただけます。

【毎年恒例『梅狩り』収穫体験】
たわわに実った城州白梅の実を、袋に入るだけ詰め放題。大人から子どもまで愉しめる体験です。

日程:2023年6月10日(土)~7月2日(日)※水曜定休日
時間:10:30~16:00 ※最終受付15:15
料金:1袋(詰め放題)税込1,650円
梅狩り特設ページURL: https://kanou.com/gnaviplus/year/umegari/

【寿長生の郷】
所在地:滋賀県大津市大石龍門4丁目2-1
営業時間:10:00~17:00 ※水曜定休日
TEL:077-546-3131

叶 匠壽庵 公式ホームページ: http://www.kanou.com

  • twitter SHARE
  • facebook SHARE
  • Line SHARE
» language / 言語