OMO5小樽、こたつ付の船で雪景色を楽しむ「小樽運河こたつクルージング」開催

※ 掲載記事に関して
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、紹介する施設によっては営業時間の変更や休業、イベントの延期・中止が生じる場合があります。また、情報は記事掲載時点のものです。お出かけの際は、事前にHPなどで詳細をご確認ください。

小樽を楽しみ尽くす都市ホテル「OMO5小樽 by(おも)星野リゾート」では、2022年12月1日から2023年3月31日までの期間に、OMO5小樽限定でこたつ付の船で雪景色を楽しむ「小樽運河こたつクルージング」が開催されます。
船にこたつを導入し、小樽を代表する食材であるニシンを使用したブイヤベースを提供。こたつやブイヤベースで温まりながら、雪景色にイルミネーションが輝く小樽の景色を楽しんでみませんか。

小樽の観光を代表する小樽運河では、年間約16万人の方が小樽運河クルーズを利用しています。しかし、11~4月の冬の時期になると、寒さのため利用人数が夏(5~10月)の2割程に落ち込んでしまいます。(*)小樽運河は小樽の繁栄を支えてきた歴史的な観光スポットであり、冬はイルミネーションも人気の場所です。そんな小樽運河の冬の魅力も楽しんでもらいたいという思いで企画されました。
*データ参考:2019年利用者人数 合同会社小樽カナルボート 提供

■OMO5小樽の宿泊者限定こたつ付の船を運航
小樽運河で観光ボートを運行している「合同会社小樽カナルボート」の協力により、船にこたつを設置。冬の小樽の平均気温は、マイナス1.5度(12~3月)と寒く感じる時期ですが、こたつで温まりながら、雪景色やイルミネーションを思う存分に楽しめます。

■ニシンのブイヤベースで体の中から温まる
体の中からも温かくなるように船上では、ニシンのブイヤベースが用意されています。小樽の代表的な魚・ニシンをはじめとして、エビやイカ、ホタテの稚貝などの魚介をたっぷりと使用。トマトと魚介の旨みが凝縮したスープです。ブイヤベースに合う、白ワインも一緒に。

<協力>合同会社小樽カナルボート
北海道の玄関口として栄えた港町・小樽の観光を代表する小樽運河。2012年から小樽運河でのクルージングを開始しました。個性溢れるキャプテンが案内し、歴史とロマンの街である小樽の魅力を伝えています。

【「小樽運河こたつクルージング」概要】
期間:2022年12月1日~2023年3月31日
除外日:2022年12月5~9日、12月31日~2023年1月1日
料金:1名 4,400円(税込)
含まれるもの:小樽運河クルージング(こたつ付)、ニシンのブイヤベース、白ワイン
時間:
2022年12月1日~2023年1月31日 17:00~17:40
2023年2月1日~3月31日 18:00~18:40
定員:16名
予約:公式サイトにて2日前まで予約
備考:提供するメニューは、仕入れ状況により変更になる可能性があります。
悪天候の場合は、催行中止となる場合があります。

OMO(おも)とは?
「OMO」は星野リゾートが全国に展開する都市ホテルブランドです。ブランドコンセプトは「テンションあがる『街ナカ』ホテル」。地域と一体となって街を楽しみ尽くす旅を追求しています。全てのOMOで、街歩きをサポートするGo-KINJOサービスを展開。全国各地の 11施設から「都市観光」の楽しさを発信していきます。

【OMO5小樽(おも)by 星野リゾート 施設概要】
多くの歴史的建造物が並ぶ「北のウォール街」と呼ばれたエリアに建つ都市ホテル。「ソーラン、目覚めの港町」をコンセプトに、港町「小樽」の知られざる歴史や文化、食の魅力を届けることで、小樽のレトロな街並みを楽しみ尽くす滞在を提案。小樽市指定歴史的建造物をリノベーションしたレトロな建物に泊まりながら、小樽の新たな一面を再発見できます。
住所:北海道小樽市色内1-6-31/客室数 92室
URL:https://hoshinoresorts.com/ja/hotels/omo5otaru/

  • twitter SHARE
  • facebook SHARE
  • Line SHARE

新着記事

おすすめ記事

おすすめコラム

公式SNSアカウント

Drive! NIPPON公式SNSにて情報配信中!

» language / 言語