全国の花火大会ベスト10を阪急交通社が発表!

夏恒例の大イベントといえば花火。全国各地で、各地域の特色を生かした花火大会が多数開催されます。
全国から観覧者が訪れるような人気の花火大会は、例年5月頃より有料席の販売も開始。そこで阪急交通社では、花火大会関連ツアー申込者数ランキングを発表しました。

空襲の慰霊、平和の祈りなどが込められた長岡花火、噴火により減少した観光客を呼び戻そうと始まった洞爺湖ロングラン花火大会など、花火大会誕生の背景もそれぞれ。背景や歴史なども交えつつ、ランクインした花火大会の情報もお伝えします。

【花火大会申込者数ランキング】
1位 大曲(おおまがり)花火大会<秋田県大仙(だいせん)市>
2位 ハウステンボス花火大会<長崎県佐世保市>
3位 長岡花火大会<新潟県長岡市>
4位 熱海海上花火大会<静岡県熱海市>
5位 勝毎(かちまい)花火大会<北海道帯広市>
6位 宮島水中花火大会<広島県廿日市(はつかいち)市>
7位 ぎおん柏崎まつり海の大花火大会<新潟県柏崎市>
8位 関門海峡花火大会<山口県下関市、 福岡県北九州市>
9位 びわ湖大花火大会<滋賀県大津市>
10位 洞爺湖(とうやこ)ロングラン花火大会<北海道虻田(あぶた)郡>

対象:阪急交通社による2017年7月1日~9月30日開催分の花火大会関連ツアー申込者数
発着地:発着地問わず

*一部、 本年度において当社がツアーを販売していない花火大会もございます。
*最新の情報は花火大会主催者の公式サイトをお確かめください。

1位 大曲(おおまがり)の花火<秋田県大仙(だいせん)市>
1位 大曲(おおまがり)の花火<秋田県大仙(だいせん)市>

日本三大花火大会の1つとも言われ、全国から一流の花火師たちが集まり日本一を決める、由緒ある花火競技大会。春開催がGW明けに開催されたばかりで、伝統的な円く咲く花火のほかに、テーマに合わせて自由な発想で作られた創造花火も楽しめます。また、辺りが暗くなる前に行われる「昼花火」は、色のついた煙を用いて空に模様を描き出します。昼花火は全国でも大曲のみが開催している珍しい催しです。
その歴史は古く、1910年に「奥羽六県煙火共進会」として開催されたのが初。その後全国的な規模へと発展していきました。
会場周辺は非常に混雑するので、事前に有料観覧席(桟敷席)を購入しておくのがおすすめ。観覧席とホテルがセットになったツアーも多数あります。

開催日時:2018年8月25日(土) 昼花火17:30~、 夜花火18:50~
会場:大仙市大曲 雄物川河畔 JR大曲駅から徒歩で約30分

▼大曲の花火の詳細情報・ツアーはこちら
https://www.hankyu-travel.com/kokunai/event/oomagari/?p_baitai=9597

2位 ハウステンボスの花火大会<長崎県佐世保市>
2位 ハウステンボスの花火大会<長崎県佐世保市>

九州最大規模の花火が繰り広げられる、ハウステンボスの花火大会。「夏一番花火大会」では、昨年大好評を博した「コシノジュンコ」総合プロデュースによる「デザイン花火」花火オペラエンターテインメントを今年も開催。また、プール&ビーチが新しく誕生するため、プールで遊びながら花火を楽しむことができます。
「九州一花火大会」は西日本最大級の打ち上げ本数22,000発、なんと2時間以上にわたって行われます。世界花火師競技大会の決勝戦のほか、大玉100連発や5分間に5000発を打ち上げる「大スターマイン」のクライマックスなどみどころ満載です。

開催日時:夏一番花火大会は2018年7月21日(土)20:00~21:30
九州一花火大会は2018年9月22日(土)18:45~21:00
会場:ハウステンボス JRハウステンボス駅より徒歩で約5分

▼ハウステンボスの花火大会のツアーはこちら
https://goo.gl/9auF5Q
▼ハウステンボスのホテルに泊まるツアーなどの特集ページはこちら
https://www.hankyu-travel.com/kyushu/nagasaki/huistenbosch/?p_baitai=9597

3位 長岡花火<新潟県長岡市>
3位 長岡花火<新潟県長岡市>

昭和20年長岡空襲の翌年、長岡まつりの起源となる長岡復興祭が開催されました。その翌年には戦争により中止となっていた花火大会も復活。それから70年以上にわたり開催され続け、全国から観覧者が訪れている日本三大花火大会の1つ。
慰霊、復興、平和への祈りを込めて打ち上げられる花火の中には、正三尺玉やミュージック付スターマイン、長岡開府400年記念花火となるナイアガラ超大型スターマインもあり、どれもがビッグスケールで一見の価値あり。

開催日時:2018年8月2日(木)、8月3日(金)19:20~21:15
*8月1日は長岡まつり平和祭あり
会場:新潟県長岡市長生橋下流信濃川河川敷 JR長岡駅から徒歩で約30分

▼長岡花火大会の詳細情報・ツアーはこちら
https://www.hankyu-travel.com/kokunai/event/nagaoka-hanabi/?p_baitai=9597

4位 熱海海上花火大会<静岡県熱海市>
4位 熱海海上花火大会<静岡県熱海市>

1年を通し開催され、熱海の名物ともなっている熱海海上花火大会。特に夏は打ち上げ数が他季節より多い傾向にあります。当花火大会も昭和27年から開催される歴史ある大会で、昭和24年に発生した台風による災害、その翌年に発生した火災による災害からの復興に報いるため始まったとされています。
花火が「すり鉢」状の地形で開催されることにより抜群の音響効果が得られるという、打ち上げ会場の特徴が本大会の魅力のひとつ。日本有数の観光地で花火も楽しめるという、贅沢なイベントです。

本年度の開催日時(7~9月の期間のみ抜粋):
7/27(金)、7/31(火)、8/5(日)、8/8(水)、8/19(日)、 8/24(金)、8/30(木)20:20~20:50
9/17(月・祝)20:20~20:45
会場:サンビーチ海水浴場~熱海港まで海岸線一帯など
JR熱海駅から徒歩で約15~20分

▼熱海海上花火大会のツアーはこちら
https://goo.gl/z4wcwM

5位 勝毎(かちまい)花火大会<北海道帯広市>
5位 勝毎(かちまい)花火大会<北海道帯広市>

十勝毎日新聞社主催で、北海道で最初の花火大会として1929年に第1回が開催された勝毎花火。近年はVRによる生中継など面白い企画も実施。2018年には「新しい感動と驚きを今年も!」のキャッチフレーズで、第68回が開かれます。
フィナーレの錦冠(にしきかむろ・花開いた後、下にゆっくり垂れる金色の花火)連発は勝毎花火の代名詞とも言われ、見事な光景を夜空に映し出します。

開催日時:2018年8月13日(月)19:30~21:00
会場:帯広市・十勝川河川敷特設会場(十勝大橋下流400m付近)JR帯広駅から徒歩で約30分

▼勝毎花火大会のツアーはこちら
https://goo.gl/GiWJRc
※販売前のため、 もしくは売り切れのため商品がない場合がございます。

  • twitter SHARE
  • facebook SHARE
  • googlePlus SHARE