早朝に咲く大輪の蓮の花を満喫!横浜・三溪園「観蓮会」7/22~8/14の金・土・日・祝日のみ開催

※ 掲載記事に関して
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、紹介する施設によっては営業時間の変更や休業、イベントの延期・中止が生じる場合があります。また、情報は記事掲載時点のものです。お出かけの際は、事前にHPなどで詳細をご確認ください。

国指定名勝「三溪園」(横浜市中区)では、2022年7月22日(金)から8月14日(日)の金・土・日曜日・祝日の13日間 『観蓮会』 を開催します。
三溪園完成100周年を迎えた今年は、より多くの方に観賞してもらえるよう金曜日も開催。朝7時から早朝に咲く蓮を見て触れて楽しむことができます。
期間中は、限定特別朝食メニューの提供、蓮にゆかりのある古建築を学芸員が紹介する『蓮めぐり』、お子様向けの体験イベント『はすあそび』などを実施します。

【『観蓮会』イベント概要】
日程:
7月22日(金)、23日(土)、24日(日)、29日(金)、30日(土)、31日(日)
8月5日(金)、6日(土)、7日(日)、11日(木・祝)、12日(金)、13日(土)、14日(日)
時間:7:00~(閉園17:00)
場所:三溪園 外苑 蓮池周辺
料金:入園料のみ (体験イベントは一部有料)

<主なイベント>
■学芸員ガイド・朝食付き特別ツアー『蓮めぐり』
仏教美術を茶の湯の世界に取り入れた原三溪の美意識により創り上げられた三溪園には、蓮池だけでなく古建築や石造品など、いたるところに蓮が隠されています。本ツアーでは、学芸員とともに園内に秘められた蓮をめぐり、庭園の世界観と蓮の魅力に迫ります。

開催日:7月30日(土)、31日(日)、8月5日(金)、6日(土)、7日(日)、11日(木・祝)、12日(金)、13日(土)、14日(日)
時間:8:00~9:30園内ツアー 9:35~お食事
定員:各日10名
対象:高校生以上
内容:学芸員ガイドツアー、 待春軒でのお食事
料金:1人あたり5,200円(税込・入園料込・食事付)
申込:オンラインサービスPeatixにて販売中
https://sankeien-hasumeguri2022.peatix.com
※7月22日、23日、24日、29日は開催しません。
※年間パスポートの有無、年齢、お住まいに関わらず、一律の価格となります。

■学芸員ガイド・懐石料理付き特別ツアー『蓮尽くし』 <三溪園完成100周年特別企画>
通常は内部非公開の蓮ゆかりの建物「蓮華院」と「白雲邸」の特別見学とミシュラン2つ星の懐石料理店「真砂茶寮」による、蓮尽くしの懐石料理をセットにした蓮と三溪園をゆったり堪能できるプレミアムツアーです。

開催日:8月6日(土)、7日(日)
定員:各日10名(最少催行人数5名)
内容:9:00三溪園内鶴翔閣玄関ご集合 / 蓮華院・白雲邸の特別見学 / 鶴翔閣にて「真砂茶寮」のお食事、お呈茶 / 12:00頃終了後、解散
料金:1人あたり38,500円(税込・入園料込)
申込:淡交社ウェブサイトにて販売中
https://culture.tankosha.co.jp/shopdetail/000000000126/

■蓮市『蓮の葉を使ったアート展示と小物の販売』
蓮の葉を使ったボタニーペインティングのパネル作品や蓮の葉のカゴなど1点ものの作品の数々を展示販売します。

開催日:7月28日(木)、29日(金)、30日(土)、31日(日)、8月5日(金)、6日(土)、7日(日)、11日(木・祝)、12日(金)、13日
時間:9:00~15:00
会場:旧燈明時本堂
主催:ボタニーペインティング

◆三溪園について
三溪園は生糸貿易により財を成した実業家 原三溪によって、1906年(明治39)5月1日に開園されました。約17.5ha(東京ドーム約3.7個分)に及ぶ園内には、廃仏毀釈などによる荒廃から守るために京都や鎌倉などから移築された歴史的価値の高い建造物が巧みに配置されており、そのなかでも鶴翔閣は延床面積約950平方メートル に及び、その広さは園内随一の規模を誇ります。現在、園内にある17棟の古建築のうち10棟が重要文化財、3棟が横浜市指定有形文化財に指定されています。開園当初から「遊覧御随意」を掲げ、外苑を24時間無料開放するなど、「美しいものはみんなで一緒に楽しむもの」という原三溪の想いが反映されています。三溪の存命中は新進芸術家の育成と支援の場ともなり、横山大観、下村観山、前田青邨らを輩出するなど美術への貢献も評価されています。戦災により大きな被害をうけ、1953年(昭和28)に原家から横浜市に譲渡されたことを機に財団法人三溪園保勝会が設立され、復旧工事を実施、2007年(平成19)には国の名勝に指定されました。 新緑と紅葉の季節に特別開放している内苑奥の遊歩道は、大正11(1922)年に重要文化財の聴秋閣の移築と同時に造成され、今から100年前に三溪園が完成しました。

【施設概要】
所在地:神奈川県横浜市中区本牧三之谷58-1
TEL:045-621-0635
入園料:大人700円、小中学生200円
※横浜市内在住の65歳以上200円(濱ともカードの提示が必要)
開園時間:9:00~17:00(最終入園16:30)
公式HP:https://www.sankeien.or.jp

  • twitter SHARE
  • facebook SHARE
  • Line SHARE

新着記事

おすすめ記事

おすすめコラム

公式SNSアカウント

Drive! NIPPON公式SNSにて情報配信中!

» language / 言語