300年以上の歴史を持つ伝統工芸を“さわって楽しむ”!津軽塗グラス「ゆいぬり」が誕生

※ 掲載記事に関して
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、紹介する施設によっては営業時間の変更や休業、イベントの延期・中止が生じる場合があります。また、情報は記事掲載時点のものです。お出かけの際は、事前にHPなどで詳細をご確認ください。

プロフェッショナル・エージェンシー事業を展開する株式会社クリーク・アンド・リバー社(以下C&R社)は、青森県より委託された「令和2年度 広域連携による知財ビギナー支援事業」において、青森県内の中小企業を対象に、知的財産を活用した商品開発および販路開拓の支援を実施しました。なお、伝統工芸「津軽塗」の製造・販売を行う株式会社たなか銘産は、本事業を通じて“さわって楽しむ”津軽塗グラス「ゆいぬり」シリーズを開発。6月16日(木)より発売を開始しました。

青森県「広域連携による知財ビギナー支援事業」は、自治体による中小企業の支援スキームとして数多くの実績を持つ「川崎モデル」を導入し、青森県内の企業の商品開発・販路拡大を支援する事業です。今回、C&R社は本事業において、青森県、公益財団法人川崎市産業振興財団およびマナブデザイン株式会社とともにキャラバン隊訪問を実施し、県内の中小企業に対して、事業の可能性や課題を明確化するとともに、県内企業の商品開発・販路開拓を支援しました。

そのうちの1社である「たなか銘産」は、1947年創業の津軽塗製造・販売会社です。津軽地方の伝統漆器で300年以上の歴史を持つ津軽塗。たなか銘産は、古き良き津軽塗を製造する一方で、新たなデザインや色使いを研究し、現代的な技法や新商品の開発も積極的に行っています。2020年12月には、津軽塗の途中工程で感じられる漆の手触りを生かし、「さわって楽しむ」をコンセプトにしたオリジナル津軽塗グラス「さわるツガルヌリ」シリーズを開発。今回、本事業のサポートを受け、同製品のアイデアをさらに磨き上げてデザイナーとコラボレーションしたプレミアム版グラス「ゆいぬり」が完成しました。なお、「ゆいぬり」シリーズはタンブラーとショットグラスの2種類。たなか銘産のオンラインストアで販売を開始しています。お好きなお酒とともに、伝統工芸「津軽塗」が持つ漆の美しさと質感を堪能ください。

■青森県 広域連携による知財ビギナー支援事業とは
青森県内において、全国各地で実績を挙げている「川崎モデル」を導入し、知的財産を活用して商品開発や販路開拓に取り組む県内企業の方々を支援する事業です。専門家チーム(クリエイターや知的財産コーディネータ等)が対象企業を訪問し、事業の可能性や課題を明確化するとともに、商品開発や販路開拓の支援を提供します。

■川崎モデルとは
川崎市では、地域産業の活性化を図る企業支援施策の一つとして、知財戦略を用いた中小企業伴走型支援事業を行っています。市内中小企業と大企業・研究機関等が交流できる場を提供し、マッチングから契約交渉、事業化までを一貫してサポート。大企業や研究機関が保有する開放特許等の知的財産を通じて、中小企業の製品開発や技術力の高度化、高付加価値化を支援しています。これらの手法は「川崎モデル」として他の自治体のロールモデルとなり、全国展開されています。

■専門家チーム
株式会社クリーク・アンド・リバー社(企画・プロデュース)
マナブデザイン株式会社(ネーミング、ロゴなどブランディングコーディネート・製品デザイン・パッケージデザイン)
公益財団法人川崎市産業振興財団(知的財産コーディネータ)

■本事業をきっかけに誕生した新製品
津軽塗グラス「ゆいぬり」シリーズ
タンブラー:6,600円(税込)
ショットグラス:5,500円(税込)
※価格は希望小売価格

▼津軽塗グラス「ゆいぬり」の詳細・ご購入はこちら
【株式会社たなか銘産/津軽塗たなかHP】
https://tanaka-meisan.jp/

  • twitter SHARE
  • facebook SHARE
  • Line SHARE

新着記事

おすすめ記事

おすすめコラム

公式SNSアカウント

Drive! NIPPON公式SNSにて情報配信中!

» language / 言語