山梨県鳴沢村に「SANU 2nd Home -河口湖 1st」6/6オープン!愛犬と宿泊可能な「SANU CABIN – Dog Friendly」も

※ 掲載記事に関して
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、紹介する施設によっては営業時間の変更や休業、イベントの延期・中止が生じる場合があります。また、情報は記事掲載時点のものです。お出かけの際は、事前にHPなどで詳細をご確認ください。

環境循環型のセカンドホーム・サブスクリプションサービス「SANU 2nd Home(サヌ セカンドホーム)」を提供する株式会社Sanuは、5拠点目となる「河口湖1st」を2022年6月6日(月)にオープンします。河口湖1stは、標高約 1,000 メートルの高冷地「鳴沢村」に位置し、豊かな生態系を育む静かな森の中のロケーションです。さらに、サブスク会員の声により実現した、愛犬と共に過ごすための「SANU CABIN - Dog Friendly」がスタート。7拠点50棟の完成が目前に迫り、会員枠を増枠するとともに、SANU 2nd Homeを通して自然と繋がる暮らしー#SANU Lifeをさらに多くの方にお届けします。

■都心から90分の好アクセス、河口湖エリア内でも自然の経過を眺めることができる特別な場所
八ヶ岳・山中湖に続く山梨県3拠点目となる河口湖1stは、富士山の北側の麓、標高約1,000メートルの高冷地「鳴沢村」にあり、格式高い別荘エリアとして有名な土地です。
また、約1,200年前の富士山噴火で流れた溶岩の上にできた新たな森「青木ヶ原樹海」や噴火の際に形成された溶岩洞窟など、進化の過程を眺めることができる特殊な場所。自然の力と神秘を探るスポットとしても魅力的です。
一方で湖や山に囲まれた河口湖では、ウォータースポーツやハイキングなど大自然の中でのアクティビティも種類に富み、SANU CABINをレジャーの拠点として様々な体験が楽しめます。

都心から車で90分でアクセスできる点も河口湖の魅力の一つ。交通量の多い道路から離れ、山椒の木が自生するなど豊かな生態系を育む穏やかな森の中のセカンドホーム。思い立った時に気軽に通うこともでき、自然に触れながら仕事や読書、散策などと「自然の中で営む暮らし」を存分に味わえる場所です。

■河口湖1stから愛犬と共に過ごすための「SANU CABIN – Dog Friendly」がスタート
SANU 2nd Homeでは、サブスク会員(利用者)の生の声に基づいて、建築やアプリなどサービスのバージョンアップを繰り返し、より快適な暮らしを営むことができるセカンドホームを提供します。今回、利用者から要望が多かった愛犬と過ごせるキャビン「SANU CABIN - Dog Friendly 」を同拠点からスタート。SANU CABINの基本仕様はそのままに、愛犬と共に気持ちよく滞在できるよう設備面をアップデート。自然の中で大切な家族と共に過ごす時間を満喫できます。

収容人数:最大4名(セミダブルベッド2台)+ 愛犬2頭
広さ:室内50平方メートル +テラス13平方メートル
「SANU CABIN – Dog Friendly」施設詳細はHPからご確認ください。

■SANU 2nd Homeについて
SANU 2nd Homeは、「自然の中にあるもう一つの家」を提供するサブスクリプションサービスです。セカンドホームの賃貸や購入ではなく、スマホひとつで月額5.5万円(税込)のサブスクに登録することで、都心から好アクセスな自然立地にあるキャビンを自由に選んで滞在できる、「都市から自然に繰り返し通い、生活を営む」新しいライフスタイル-#SANU Lifeを提供します。
2021年4月サービスローンチ時の会員分は即日完売、同年11月のグランドオープンより着々と拠点を増やし、2022年7月上旬までに7拠点50棟を開業します。

<SANU Lifeの特徴>
■都市の生活に加えて、莫大なお金や手間をかけずに「自然の中にあるもう一つの家」を持つことができる
スマホひとつで都心から自然へ、都市では味わう事ができない自然を身近に感じられます。SANU CABINの大きな窓から見える外の自然風景が変わる一方で、どの拠点に行っても建物自体のデザインや仕様が変わらないため、一度滞在すると初めて訪れる場所でも我が家に帰ってきたような安心感を味わえることも特徴の一つです。

■地域の人や場所そのものと繋がることで、日本各地に“ホーム”ができる
SANU 2nd Homeを拠点に生活を営む中で、だんだんと各地域やその土地での暮らしに愛着が湧いてくる体験をお楽しみください。仕事をする、ゆっくりと読書をする、さらに、地元の食材を使って本格的な料理も楽しめるよう、十分な設備を整えたキッチンやテーブルウェア・カトラリー・調味料も用意。SANU 2nd Homeの拠点周辺には地元の飲食店等もあり、地域の方との交流も育めます。

■自然を再生するSANU CABINで暮らす
独自の環境再生型プログラム「FOREST FOR FUTURE」を、釜石地方森林組合との連携の下で実行し、日本の森を豊かにしていくための国産木材活用、その土地の生態系への負荷が少ない高床式基礎杭工法、実質再生可能エネルギー100%の電力の利用など環境負荷を最小限にしたキャビンを独自に開発。収益の一部より7500本の木(SANU CABIN 50棟分に相当)を東北・釜石地方の森林に植林する計画を進めることで、建設で排出するCO2を超えたCO2吸収(=カーボンネガティブ)を実現します。キャビンを作れば作るほど自然環境にとってプラスになる<リジェネラティブ(自然再生)な仕組み>を実践していきます。

※既にSANU 2nd Homeサブスク会員枠は完売し、現在ウェイティング登録を受付中です。
会員枠が増え次第、先着順でサブスク登録を案内します。
ご希望の方は、下記のURLよりご登録ください。
https://2ndhome.sa-nu.com/profile_form/1609243328961x580055050086326400

【施設概要】
名称:SANU 2nd Home – 河口湖 1st
所在地:山梨県南都留郡鳴沢村6188番地1
面 積:5,501平方メートル(約1,670坪)
棟数・他施設:SANU CABIN 7棟、管理棟 1棟
SANU 2nd Home 公式サイト:http://2ndhome.sa-nu.com/

  • twitter SHARE
  • facebook SHARE
  • Line SHARE

新着記事

おすすめ記事

おすすめコラム

公式SNSアカウント

Drive! NIPPON公式SNSにて情報配信中!

» language / 言語