長野県阿智村で「ショートショート フィルムフェスティバル&アジア 2022 in 阿智 -日本一の星空映画祭-」開催

※ 掲載記事に関して
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、紹介する施設によっては営業時間の変更や休業、イベントの延期・中止が生じる場合があります。また、情報は記事掲載時点のものです。お出かけの際は、事前にHPなどで詳細をご確認ください。

日本一の星空「長野県阿智村」のスタービレッジ阿智誘客促進協議会は、2022年7月9日(土)~7月18日(月祝)までの期間中、天空の楽園 ナイトツアー会場の富士見台高原ロープウェイヘブンスそのはらにて、日本一の星空とショートフィルムが楽しめる「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2022 in 阿智-日本一の星空映画祭-」を開催します。

【開催概要】
開催名:ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2022 in 阿智 -日本一の星空映画祭-
(SSFF & ASIA 2022 in ACHI -日本一の星空映画祭-)
開催日程:2022年7月9日(土)~7月18日(月祝)
開催時間:
17:30~20:00 上りゴンドラ運行
19:45~20:30 映画上映1. 約45分
20:30~21:00 ライトダウンタイム
20:45~21:30 映画上映2. 約45分
21:00~ 下りゴンドラ運行
※ゴンドラ乗車時間は片道約15分です。19:45からご覧になる方は17:30~19:00までのチケットをお勧めします。
開催場所:富士見台高原ロープウェイ ヘブンスそのはら
(長野県下伊那郡阿智村智里3731-4)
料金:大人高校生 2,400円~、小中学生 1,200円~、幼児無料
主催:スタービレッジ阿智誘客促進協議会
企画・統括:ショートショート実行委員会
問合せ:阿智☆昼神観光局 0265-43-3001(9:00~17:30)
WEBサイト:http://info.sva.jp/shortshorts2022/

阿智村は日本一の星空の村として、2012年から今日まで、環境省の実施する全国星空継続観察で「星の観察に適していた場所」の第一位(平成18年)に認定された阿智村の星空をテーマに地域活性、観光活性を行ってきました。富士見台高原ロープウェイ ヘブンスそのはらで行われる「天空の楽園 日本一の星空ナイトツアー」、「天空の楽園 雲海Harbor」、2018年7月にオープンした「日本一の星空浪合パーク」など星空を見上げるイベント、場所づくり、星空を見上げるオリジナルグッズの販売、星の婚姻届の作成、星のナンバープレートの交付など様々な取り組みを行ってきました。

近年は、「同時に天体観測を行った最多人数」「折り紙で作った星の最多展示数」2つのギネス世界記録へのチャレンジ、また、古紙を再生する環境に配慮した商品開発、阿智村の森林から発生する間伐材活用、CO2フリー電気でのイベント開催など、星空が見える環境活動に取り組んできました。

そんな日本一の星空の村で、2019年よりSSFF & ASIA in ACHI -日本一の星空映画祭-を開催してきました。このたび、4年目となるSSFF & ASIA in ACHI 2022 in ACHI -日本一の星空映画祭-の開催が決定。
満天の星と、上質な映画が奏でる贅沢な時間をお楽しみください。

■日本博主催・共催型プロジェクト特別企画の実施について
今年で24年目の開催を迎える米国アカデミー賞公認 国際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア(SSFF & ASIA)」は、令和4年度日本博主催・共催型プロジェクトとして、国内外の映像関係者、監督、作家達と一緒に「日本の美」を考える企画を実施します。

【SSFF & ASIA 2022 in ACHI 日本博特別企画 開催概要】
開催日程:2022年7月9日(土) ~ 7月10日(日)
開催時間
17:30~20:00 上りゴンドラ運行
19:45~20:30 映画上映1. 約45分
20:30~21:00 ライトダウンタイム
20:45~21:30 映画上映2. 約45分
21:00~ 下りゴンドラ運行
※ゴンドラ乗車時間は片道約15分です。19:45からご覧になる方は17:30~19:00までのチケットをお勧めします。
開催場所:富士見台高原ロープウェイ ヘブンスそのはら
(長野県下伊那郡阿智村智里3731-4)
料金:大人高校生 2,400円~、小中学生 1,200円~、幼児無料
主催:文化庁/日本芸術文化振興会
企画・統括:スタービレッジ阿智誘客促進協議会/株式会社パシフィックボイス
問合せ:阿智☆昼神観光局 0265-43-3001
WEBサイト:http://info.sva.jp/shortshorts2022/japan-expo/

環境省が「日本一の星空」に認定した長野県阿智村で開催される「SSFF & ASIA 2022 in ACHI」
美しい自然の残るこの村で、 SSFF & ASIAが特別にセレクトした、日本を含む世界の「先住民」や「地域の祭り」をテーマにそれぞれの文化の「美」を紹介するショートフィルムプログラム他、世界中から集めた作品が一挙上映されます。

■ショートショート フィルムフェスティバル & アジアとは?
米国俳優協会(SAG)の会員でもある俳優 別所哲也が、米国で出会った「ショートフィルム」を、新しい映像ジャンルとして日本に紹介したいとの想いから1999年にアメリカン・ショート・ショートフィルムフェスティバル創立。2001年には名称を「ショートショート フィルムフェスティバル(SSFF)」とし、2004年に米国アカデミー賞公認映画祭に認定されました。また同年、アジア発の新しい映像文化の発信・新進若手映像作家の育成を目的とし、同年に「ショートショート フィルムフェスティバル アジア(SSFF ASIA 共催:東京都)」が誕生。現在は「SSFF & ASIA」を総称として映画祭を開催しています。 また、2018年に映画祭が20周年を迎えたことを記念し、グランプリ作品はジョージ・ルーカス監督の名を冠した「ジョージ・ルーカス アワード」となりました。2019年1月には、20周年の記念イベントとして「ショートショートフィルムフェスティバル in ハリウッド」が行われ、2001年にSSFFで観客賞を受賞したジェイソン・ライトマン監督に、SSFF&ASIAから名誉賞が送られました。また、2019年の映画祭より、オフィシャルコンペティション(インターナショナル部門、アジア インターナショナル部門、ジャパン部門)およびノンフィクション部門の各優秀賞、最大4作品が翌年のアカデミー賞短編部門へのノミネート候補とされる権利を獲得し、2020年からはソニー株式会社がオフィシャルコンペティションをサポート。SSFF & ASIAは映画祭を通じて引き続き、若きクリエイターを応援していきます。

■スタービレッジ阿智誘客促進協議会 WEBサイト:http://info.sva.jp/

  • twitter SHARE
  • facebook SHARE
  • Line SHARE

新着記事

おすすめ記事

おすすめコラム

公式SNSアカウント

Drive! NIPPON公式SNSにて情報配信中!

» language / 言語