日本最古の綿布商の作品が集まる“手ぬぐい”美術館「細辻伊兵衛美術館」。京都市中京区に4/17グランドオープン

※ 掲載記事に関して
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、紹介する施設によっては営業時間の変更や休業、イベントの延期・中止が生じる場合があります。また、情報は記事掲載時点のものです。お出かけの際は、事前にHPなどで詳細をご確認ください。

一般財団法人細辻伊兵衛美術館は、2022年4月17日(日)に、日本最古の綿布商として400年余り続く永楽屋の十四代にわたる当主の名「細辻伊兵衛」を冠した美術館「細辻伊兵衛美術館」を京都市中京区にグランドオープンします。

同館のメイン展示である「手ぬぐい」は、江戸・明治・大正・昭和・平成・令和と6つの年号にわたって永楽屋が各時代の最高技術を結集し制作されてきました。日本独自の発展を遂げた「手ぬぐい」は、江戸時代から明治初期にかけ、多くの日本人に親しまれたアイテムで、時代の文化・風俗を映してきたデザインも多く、当時の染織技術や歴史的な資料の側面も持ちます。

1階では、江戸・明治・大正・昭和・平成・令和の各時代に歴代の細辻伊兵衛が発表してきた「手ぬぐい」作品として、その時代ならではの文化や風俗を取り入れた柄など常時20点以上を展示しています。またミュージアムショップを併設し、ここでしか購入できない「手ぬぐい」などを販売しております。さらに2階では、十四代続く歴代の「細辻伊兵衛」の功績を資料などを交えて辿る展示を見ることができます。

同館では、SDGsの観点から、世界初の取り組みとして、「手ぬぐい」のチケットを採用。一般的な手ぬぐいより密に織られた現当主である十四世細辻伊兵衛によるオリジナル小巾木綿生地「十四世」を使用し、型友禅の技法を活かした染色で染めたもので、観賞後も様々な用途で使うことができます。

【施設概要】
施設名:細辻伊兵衛美術館
開館日:2022年4月17日(日)
開館時間:10:00~19:00(ご入館は18:30まで)
休館日:なし
※展示替期間・施設の点検等での臨時休業あり
入館料:手ぬぐいチケット付き 
一般1,000円、大学生・高校生・中学生 900円(要 学生証提示)、小学生以下 300円(手ぬぐいなし)
所在地:京都市中京区室町通三条上ル役行者町368
TEL:075-256-0077
駐車場:なし
名誉館長:納屋 嘉人(株式会社淡交社 代表取締役社長)
館長:細辻 伊兵衛(株式会社永楽屋 代表取締役社長)
公式サイト: http://www.hosotsuji-ihee-museum.com

【手ぬぐいチケット】
入館時の中学生以上のチケットには、 「手ぬぐい」を採用しています。
一般的な手ぬぐいより密に織られた現当主である十四世細辻伊兵衛によるオリジナル小巾木綿生地「十四世」を使用し、 型友禅の技法を活かした染色で染めたもの。 SDGsの観点からも注目の高い「手ぬぐい」をチケットにすることで観賞後も様々な用途でお使いいただける世界初の取り組みです。
チケットサイズ:幅 約36cm × 高さ 約91cm
素材:綿100%
※半券として下4cm程を裂いて使用します。

  • twitter SHARE
  • facebook SHARE
  • Line SHARE

新着記事

おすすめ記事

おすすめコラム

公式SNSアカウント

Drive! NIPPON公式SNSにて情報配信中!

» language / 言語