銀山温泉、登録有形文化財指定「本館古勢起屋」。日本建築美を愉しむ温泉宿として7/1誕生

※ 掲載記事に関して
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、紹介する施設によっては営業時間の変更や休業、イベントの延期・中止が生じる場合があります。また、情報は記事掲載時点のものです。お出かけの際は、事前にHPなどで詳細をご確認ください。

情緒あふれる大正ロマンの街並みで知られる銀山温泉に2022年7月1日、銀山グループ(山形県/尾花沢市)が新たに手掛ける日本の時代建築美を愉しむ「本館古勢起屋」が誕生します。

「本館古勢起屋」は今からおよそ100年前の大正・昭和初期、日本の建築様式に大きな影響を与えたアール デコ様式で建てられた貴重な歴史的建造物を、名工の手によって現代に蘇らせた時代宿です。
全14室あるお部屋は川または山側に面し、二人での利用に最適なツインベッドのある和洋室をはじめ、歴代の匠の技をそのままに残した純和室の2タイプ。1階には土間と囲炉裏のあるロビーラウンジの他、書家でもあった先代にちなんだ格調高い硯石を使用したお風呂と、かつての銀山温泉の様式を再現したレトロな大正風呂を復刻。お食事は滞在中の飲食すべてが宿泊料金に含まれたオールインクルーシブで、夕食は温泉街の登録飲食店にて食事ができる自由スタイルです。
時代を超え古き良き湯治場時代の“銀山ぶらり”を追体験する、懐かしくて新しい旅をお届けします。

銀山グループが手掛ける「本館古勢起屋」は、すでに特設サイトにて、特別先行予約を受付中。

■登録有形文化財指定「本館古勢起屋」
登録有形文化財は築50年を経過した歴史的建造物のうち、一定の評価を得たものを貴重な建造物として保存し、地域の資産として活かす制度です。「本館古勢起屋」はその歴史的価値から、登録有形文化財に指定されています。

■アール デコを和の感性で再構築した「ジャパン デコ」
19世紀末から20世紀初頭にかけヨーロッパで盛んになった芸術運動アール ヌーボーに代わり、1920~30年代にフランスで発祥し、アメリカで栄えたアール デコは、それまでの華美な装飾を省いた商業デザインの先駆けともいえる様式でした。シンメトリーで端正なアール デコのデザインは、日本の建築にも大きな影響を与え、大正・昭和の戦前期には日本の職人達の手によって、この様式を和の感性で再構築したジャパン デコ、いわゆる<洋風の和館建築>が盛んに造られました。「本館古勢起屋」が建てられたのもその頃です。同館は建物の特徴から、時代によって建て増しが行われ、1・2Fは大正期、3Fは昭和初期に造られたものだと推定されています。

■当時の佇まいをできるだけそのままに再現
かつて銀山温泉の多くの建物は自分の所有する裏山から伐り出した木材によって建築や修復がされていました。そのため建材の品質は一様ではなく、長年に渡って愛され継がれた建物は違う時代の様式が同居する独特の景観となりました。
「本館古勢起屋」の改修では出来る限り古材を再利用し、日本の伝統工法である「木組み」の技を用いるなど当時そのままの佇まいを再現。やむを得ず新材を一部使用した部分についても、建物の風格である時が育てる味わいを尊重し、着彩等を行わず色の違いをあえてそのまま残しています。

【部屋】日本建築美を愉しむレトロな優雅
◎川側和洋室
銀山川を見下ろす温泉街に面したお部屋は、フローリングにセミダブルベッド2台を設置した和洋室。 川に面し取り付けられたレトロな歪みガラスの格子窓は、夏場には解放感あふれる縁側欄干に。古い絵はがきの世界そのままの情緒あふれる寛ぎが楽しめます。

◎山側和洋室
季節の彩りを望む山側のお部屋には、温泉池のある中庭の景色を眺めるタイプもあります。ステンドグラスやアンティークのベッドボードなど、 大正ロマン風のシックなインテリアに旅心そそられるひとときをお過ごしください。

◎川側和室
「本館古勢起屋」の建築に関わった歴代の職人達の技とこだわりをできるだけそのままに残した純和室。当時の匠の自由闊達な遊び心や、日本建築の様式美など、時代に愛されてきた銀山温泉の歴史ロマンをお届けします。

【お風呂】書をモチーフにした「黒」のお風呂
書家でもあった当館先代の仕事部屋跡に造られたお風呂は、その由来にちなみ湯船に高級感あふれる硯石を使用。深い「黒」を基調にした格調高い和の雰囲気です。壁には書をモチーフにしたインテリアも配し、スタイリッシュな空間を演出。静謐でアートな佇まいの中、歴史ある温泉のぬくもりを心ゆくまでお楽しみください。

【お風呂】銀山の歴史を再現した「白」のお風呂
かつて銀山温泉の宿では、所有する源泉が温泉街の中心部を流れる銀山川の川底から湧出していたころから、湯船を源泉に近い階段を降りた低い場所に設けていました。これにちなみ、湯船をあえて昔の造りと同じ様式で再現。銀山温泉に降る雪を模した量感あふれるレトロな白いタイル貼りで、昔ながらの佇まいを再現した風雅なお風呂です。

【『本館古勢起屋』概要】
所在地:山形県尾花沢市大字銀山新畑412
お電話:0237-28-2322(代表)
開業:2022年7月(予定)
客室数:14部屋
施設:客室、ロビーラウンジ、内湯(硯風呂・大正風呂)
URL:https://www.kosekikan.com/
ご予約:https://reserve.489ban.net/client/kosekikan/0/detail/559253

  • twitter SHARE
  • facebook SHARE
  • Line SHARE

新着記事

おすすめ記事

おすすめコラム

公式SNSアカウント

Drive! NIPPON公式SNSにて情報配信中!

» language / 言語