長野県志賀高原に、カメラマンが集うスペース 「志賀高原フォトグラファーズセンター」12/1オープン

※ 掲載記事に関して
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、紹介する施設によっては営業時間の変更や休業、イベントの延期・中止が生じる場合があります。また、情報は記事掲載時点のものです。お出かけの際は、事前にHPなどで詳細をご確認ください。

株式会社シャレー志賀は、2021年12月1日、志賀高原一の瀬 くつろぎの高原ホテル シャレー志賀内にカメラマンが集うスペース「志賀高原フォトグラファーズセンター」をオープンします。

■多くのカメラマンが訪れる、被写体の宝庫「志賀高原」
志賀高原は上信越高原国立公園内の長野県最北東部に位置する一大スキーリゾートエリアです。ウィンターシーズンには多くのスキーヤー、スノーボーダーで賑わいますが、グリーンシーズンは四季折々にさまざまな表情を見せる志賀高原の風景の撮影に、多くのカメラマンが訪れています。
標高800m~2,341m、面積24,986haの志賀高原はユネスコエコパークにも認定され、いまだ手付かずの自然が残されています。風景、草木、花、星空、湖沼、渓流などたくさんの被写体に恵まれています。

■「志賀高原フォトグラファーズセンター」の目指すもの
志賀高原フォトグラファーズセンターは、志賀高原に撮影に訪れるカメラマンのための施設です。日本初の「撮影好適地における写真撮影のアカデミー」を目指し、また同時に、撮影の合間にくつろげる居心地の良い空間をも目指しています。
プロアマ問わず多くのカメラマンが集い、学び、実践し、写真について語り、研鑽しあうことで、新たな素晴らしい作品が生まれることが期待されています。

■「志賀高原フォトグラファーズセンター」とは
フォトコワーキングスペース、フォトグラファーズスペース、ギャラリーの総称で、年間を通してさまざまなイベントを開催し、コワーキングスペース、レンタルスペース、レンタルギャラリーとして利用することもできます。写真撮影を行わない一般のお客様の利用も歓迎します。ワーケーション、読書、休憩など、自由に利用ください。

■フォトコワーキングスペース
フォトコワーキングスペースは、撮影の方向けのコワーキングスペースです。40㎡の広いスペースにはWi-Fi、電源が完備され、ライブラリ、プロジェクター等の設備を利用できます。撮影データの確認や編集作業を行うことができ、写真家講師による写真セミナーなどのイベントを開催し、また、プロカメラマンでもあるセンター長 佐藤 秀信の撮影講座、編集講座を常時開催しています。フリードリンクコーナー併設のソファースペースは、撮影の合間の休憩や歓談に利用ください。また、撮影をしない一般の方も利用できます。

■受付・インフォメーションコーナー
インフォメーションコーナーでは、その日の状況に応じた撮影スポット、見頃の花や紅葉の進み具合といった志賀高原の情報を案内。プリントサービスも提供します。

<水谷 章人写真展>
「Franz Rauter フランツ・ラウター写真展 ~追憶の一枚~」
開催期間:2021年12月1日(水)~2022年2月28日(月)
営業時間:9:00~17:00
休館日:無休
場所:志賀高原フォトグラファーズセンター ギャラリーSubalpin シュバルパン
(くつろぎの高原宿 シャレー志賀内)
入場料 :1,000円
(フォトグラファーズセンター利用料として頂戴するため、施設を1時間利用可能)

スポーツ写真界の巨匠、水谷 章人氏が撮影した、フランツ・ラウター氏を被写体とした写真展を開催します。
フランツ・ラウター氏は1973年代、オーストリアのスキーデモンストレーターとして初来日し、スキーの先進地であるオーストリアの技術を日本のインストラクターたちに伝えました。カメラマンの水谷氏は彼の初来日以来、来日の度にスキーシーンを撮影し、多くの作品を残しました。
トップスキーヤーとトップカメラマンがしのぎを削って出来上がった写真は、今でも十分通用する迫力とエネルギーがあります。日本のスキー界が一番熱かった時代の、貴重な作品21点をどうぞご覧ください。

【施設概要】
店舗名:志賀高原フォトグラファーズセンター
開業日:2021年12月1日(水)
所在地:長野県下高井郡山ノ内町 志賀高原一の瀬 シャレー志賀内
営業時間:9:00~17:00(最終受付16:00)
定休日:不定休
URL:https://spc.chalet-shiga.com/

  • twitter SHARE
  • facebook SHARE
  • Line SHARE

新着記事

おすすめ記事

おすすめコラム

公式SNSアカウント

Drive! NIPPON公式SNSにて情報配信中!

» language / 言語