星のや富士、焚き火を囲み3種の狩猟肉(ジビエ)を味わう「山麓の狩猟肉すき焼き」を冬季限定で提供

※ 掲載記事に関して
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、紹介する施設によっては営業時間の変更や休業、イベントの延期・中止が生じる場合があります。また、情報は記事掲載時点のものです。お出かけの際は、事前にHPなどで詳細をご確認ください。

各施設が独創的なテーマで、圧倒的非日常を提供する「星のや」。日本初のグランピングリゾート「星のや富士」では、2022年1月8日から2月28日まで、「山麓の狩猟肉すき焼き」を提供します。凛とした空気の漂う冬の森に設えられた、焚き火を囲む特別席で猪肉、熊肉、鹿肉、3種の狩猟肉をすき焼きで味わう冬季限定のメニュー。オリジナルの割り下やつけダレなどを用意し、さまざまな食べ方で冬の狩猟肉を堪能できます。

星のや富士では、地元の農林業に猪や熊、鹿がもたらす獣害を減らすことに貢献したいと考え、狩猟肉を食材として活用したメニューの開発を行ってきました。冬は寒さが厳しい富士北麓ですが、狩猟は冬がシーズンであり、さまざまな種類の狩猟肉に出会える時期です。猟師が良質な狩猟肉を手に入れた時は、狩猟肉の美味しさを楽しめるよう、古くから冬のご馳走としてすき焼きにして食べられてきました。この猟師の風習から着想を得て、ディナーを開発。旬の狩猟肉をグランピングリゾートならではの調理法で味わうすき焼きで楽しめます。

■赤身と脂身のバランスが取れた上質な冬の狩猟肉を堪能
狩猟肉は秋から冬にかけて旬を迎えます。猪や熊、鹿は秋に餌として木の実などを食べることで、良質な脂を蓄え、肉は香り豊かで力強い味わいの旨味があります。また、冬は木の皮やもみがらを主食とするため、赤身と脂身のバランスがとれた肉を楽しめる時期。冬は気温が低いため、獲った肉の温度を急速に下げることができ、より品質の高い狩猟肉を堪能できます。

■星のや富士がおすすめする、冬の狩猟肉の楽しみ方
冬の狩猟肉は、赤身と脂身のバランスがとれた力強い旨味が特徴です。狩猟肉の旨味を最大限に堪能できる調理法は、味わい深い割り下でじっくりと煮込む、すき焼きです。割り下には、砂糖を使用せず、巨峰やレーズンのドライフルーツから甘味を出し、山梨を代表するブドウ品種「ヤマソーヴィニヨン」の赤ワインを加えます。牛脂の代わりに使用するフォアグラの良質な脂とドライフルーツの甘みや赤ワインの芳醇な香りが狩猟肉の旨味を引き立てます。煮込んだ肉は、それぞれの肉との相性を考えて用意した3種のつけダレにくぐらせて食べます。脂の旨味が濃い猪肉にはよく絡む半熟卵、脂がのった熊肉には山葵を利かせた豆乳とろろダレ、さっぱりとヘルシーな鹿肉にはジュニパーベリーをアクセントにしたにんにく醤油ダレを用意。肉につけダレをたっぷり絡ませて食べることで、肉の脂や食感、食材の組み合わせをより一層楽しめます。また料理に合わせて、星のや富士のソムリエが厳選した赤ワインをボトルで提供。野趣溢れる味わいのワインは、芳醇な香りをまとった3種の狩猟肉を味わうのにぴったりです。焚き火やアウトドアに精通したグランピングマスターがすき焼きの調理をサポートします。

■森の焚火を囲む特別席
星のや富士の敷地内に、焚き火を囲むプライベートな特別席を1日1組限定で用意。特別席は焚き火に加えて、ブランケットやストーブが用意されているため、冬の屋外でも暖かく快適に過ごせる空間です。冬の凛とした空気の森の中で、焚き火の暖かさを感じ、炎のゆらめきを眺めることで、リラックスしながら食事を楽しめます。

【「山麓の狩猟肉すき焼き」概要】
期間:2022年1月8日~2月28日
料金:1名24,200円(税・サービス料込)*宿泊料別
含まれるもの:シャルキトリーの盛り合わせ、すき焼き、釜炊きごはん、デザート、赤ワイン
場所:星のや富士
時間:18:00~20:00
定員:1日1組(2~3名)*中学生以上
予約方法:公式サイトにて2週間前まで受付
備考:仕入れ状況により、料理内容が一部変更になる場合があります。

【星のや富士】
河口湖を望む丘陵に溶け込むように建つ、日本初のグランピングリゾート。焚き火を眺めながら過ごすひと時、広大な赤松の森の中で愉しめる体験型の食事、自然の中で身体を動かす爽快感。常に屋外で快適に過ごせる環境の中、四季を通して新しい価値を提供します。
住所:山梨県南都留郡富士河口湖町大石1408
URL:https://www.hoshinoya.com/fuji

  • twitter SHARE
  • facebook SHARE
  • Line SHARE

新着記事

おすすめ記事

おすすめコラム

公式SNSアカウント

Drive! NIPPON公式SNSにて情報配信中!

» language / 言語