宮崎県日南市・飫肥地区の伝統的建造物と現代アートのコラボレーション「DENKEN WEEK 2021」

※ 掲載記事に関して
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、紹介する施設によっては営業時間の変更や休業、イベントの延期・中止が生じる場合があります。また、情報は記事掲載時点のものです。お出かけの際は、事前にHPなどで詳細をご確認ください。

観光資源の創造、地域活性、地方創成事業を展開する株式会社狼煙(長崎県平戸市)は、九州で初めて文化庁により「重要伝統的建造物群保存地区(デンケン地区) 」に選定された宮崎県日南市の城下町飫肥地区において、文化財と現代アートをコラボレーションしたイベント「DENKEN WEEK 2021」を11月20日(土)~28日(日)に日南市と共同で開催します。

宮崎県日南市の中央部に位置する飫肥地区は、飫肥藩5万1千石の城下町として栄え、現在でも飫肥城跡に建つ松尾の丸や藩校振徳堂や武家屋敷、商家が軒を連ねるなど、江戸時代を彷彿させる町並みが残っており、1977年に文化庁より、重要伝統的建造物保存地区に選定されています。

「DENKEN WEEK」は、飫肥の風情ある武家屋敷の町並みにもっと親しんでもらいたいと企画されたもので、2018年より過去3回開催しています。

今年度の「DENKEN WEEK 2021」は、ロンドンやニューヨーク、香港など世界10ヶ国における個展、アートフェアに出展する宮崎県出身の美術家・小松孝英氏を総合プロデューサーに迎え、一般公開している飫肥城由緒施設以外にも、民間所有の貴重な伝統的建造物なども活用し、飫肥の歴史・伝統・文化と現代アートとコラボレーションしたまるで歴史と現代を繋ぐ新たな旅に出たかのような感覚が味わえる内容となっています。

主なコンテンツとしては、一般社団法人宮崎県建築士会・日南支部の皆さんが制作したタイムマシンの出現、参加アーティストによるワークショップ「飫肥DENKEN寺子屋」などの体験型コンテンツを用意。さらに、現代美術家、花道家、書道家、陶芸家とあらゆる美術家によるインスタレーションを各所で開催します。城下町・飫肥の町並みがまるで美術館になったように生まれ変わります。期間中は飫肥DENKEN 歴史バス(無料)が各会場周辺を周回しますので、気軽に飫肥地区をお楽しみください。

【「DENKEN WEEK 2021」 開催概要】
名称:DENKEN WEEK 2021
期間:11月20日(土)~28日(日)9:30~16:30
会場:飫肥伝統的建造物群保存地区内及び周辺
入場料:無料
総合プロデューサー:美術家 小松 孝英
公式サイトURL:https://denken-obi.jp/denken/
問い合わせ:
日南市教育委員会生涯学習課TEL 0987-31-1145
日南市総合政策部総合戦略課TEL 0987-31-1128

<総合プロデューサー/美術家・小松孝英 プロフィール>
1979年生まれ。宮崎県出身のアーティスト。20代の頃より、ロンドン・ニューヨーク、香港など世界10ヶ国で個展開催やアートフェアに出品している。国際施設や延岡市、アジア企業などにコレクションを多数提供。国民文化祭・みやざき2020、全国障害者芸術・文化祭みやざき大会日南市分野別フェスティバル事業「南郷大島ミュージアム」、「DENKEN WEEK 2021」総合プロデューサー。塩月桃甫ドキュメンタリー映画・脚本監督。延岡市観光大使などを歴任。

  • twitter SHARE
  • facebook SHARE
  • Line SHARE

新着記事

おすすめ記事

おすすめコラム

公式SNSアカウント

Drive! NIPPON公式SNSにて情報配信中!

» language / 言語