大分の伝統と文化を伝える秋の風物詩「うすき竹宵」11/6~7臼杵市で開催

※ 掲載記事に関して
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、紹介する施設によっては営業時間の変更や休業、イベントの延期・中止が生じる場合があります。また、情報は記事掲載時点のものです。お出かけの際は、事前にHPなどで詳細をご確認ください。

「うすき竹宵」「たけた竹楽」「日田千年あかり」は「大分三大竹灯り」として、毎年県内外から多くの見物客が訪れる、大分の秋の風物詩です。昨年度は新型コロナウイルス感染症の影響により、中止が余儀なくされました。本年は従来とは形を変えて、臼杵(うすき)市での開催が決定しました。伝統と文化を継承し守るとともに、優しく温かい灯りで皆様に希望をお届けします。

■2021年度開催決定!「うすき竹宵」 臼杵市
臼杵の城下町一帯で開催される「うすき竹宵」は、真名長者の娘・般若姫が都に向かう途中、嵐で命を落とし、その御霊が臼杵へ里帰りしたときに、竹ぼんぼりを灯して迎えたという伝説を再現したことが始まりです。伝統的な城下町が温かい竹ぼんぼりの灯りに照らされ、幻想的な世界が広がります。“街の元気がなくならないように”という思いと同時に、魅力的な秋の臼杵の風物詩を伝え守るため、今年で25回目を迎える「うすき竹宵」は規模を縮小して開催します。本年は、約6,000本の竹ぼんぼりが八坂神社の参道を灯します。
当日は「うすきチャンネル(YouTube)」にてライブ中継を行います。詳細は「うすき竹宵」専用サイトをご確認ください。

日時:2021年11月6日(土)~11月7日(日)
問い合わせ:うすき竹宵実行委員会  
TEL:0972-64-6080
配信URL:うすきチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCW_Xw8xypFq0H1gsDh1MMKA

  • twitter SHARE
  • facebook SHARE
  • googlePlus SHARE

新着記事

おすすめ記事

おすすめコラム

公式SNSアカウント
友だち追加

Drive! NIPPON公式SNSにて情報配信中!

友だち追加
» language / 言語