GWはイベント盛りだくさんの「房総のむら」へ!「春のまつり」を5/3(木・祝)~5/5(土・祝)の3日間開催!

千葉県立房総のむらでは、 平成30年5月3日(木・祝)~5日(土・祝)に「春のまつり」を開催します。「春のまつり」では、民俗芸能や大道芸のほか、好きな衣裳を着て館内を散策できる「時代衣裳変身体験」や「和船体験」、「かざぐるま作り」など様々なイベントが目白押し!

房総のむらは、江戸時代から明治時代の建物が再現された「商家の町並み」や、茅葺屋根の「武家屋敷」・「農家」など、江戸情緒溢れる風景の中で、房総地方の歴史や伝統技術を学ぶことができる体験型博物館。
房総のむらでは、5月3日(木・祝)~5日(土・祝)の3日間、「春のまつり」を開催します。

「春のまつり」期間中は 「端午の節供」 にあわせて、「鯉のぼり」 や 「鍾馗(しょうき)のぼり」 が揚げられ、商家の町並みや、農家の軒には 「菖蒲(しょうぶ)」 を飾ります。
また、特別イベントとして、千葉県指定無形民俗文化財の市原市「鶴峯八幡宮十二座神楽」 、「猿回し」・「南京玉すだれ」 などの大道芸の上演のほか、好きな衣裳を着ることができる 「時代衣裳変身体験」 、伝統的工芸品製作者による実演・販売なども行います。

さらに、通常の房総のむらでの体験のほかに、趣のある 「和船体験」 や「野点(のだて)」 、お子様の成長記録にもなる 「手形・足形作り」 、 お好みの色の折り紙を選んで作る 「かざぐるま作り」 など様々な体験をすることができます。
さわやかな5月の青空の下で、昔ながらの風景と体験をお楽しみください。ゴールデンウィークはぜひご家族で、見ても楽しめる、体験しても楽しめる房総のむらの「春のまつり」へ!

【特別イベント】
●千葉県指定無形民俗文化財「鶴峯八幡宮十二座神楽」(3日のみ)
●大道芸
 3日:「手車(江戸時代のヨーヨー)」、「鞠曲芸」
 4日:「猿回し」、「忍者アクロバット」、「南京玉すだれ」
 5日:「狂言入門」、「猿回し」、「南京玉すだれ」
●紙芝居
●時代衣裳変身体験(好きな衣装を選んで着ることが可能)※別途体験料がかかります。
●レトロ写真館(衣裳での記念撮影)※別途撮影料がかかります。

【体験・実演】
●お箸作り
●野点
●和船体験
●千代紙ろうそく作り
●甲冑試着(5日のみ)
●昔のあそび[コマ回し](3・4日のみ)
●手形・足形作り
●かざぐるま作り
●機織りコースター
●縄文ハンター
●竹とんぼ作り(5日のみ)
●ラシャ切り鋏作りの実演(5日のみ)
●ざる・かご作りの実演(3・4日のみ)
※別途体験料がかかるものがございます。

【伝統的工芸品などの実演・販売】
●江戸つまみ簪(かんざし)
●和凧
●七宝焼
●雨城楊枝(うじょうようじ)(3・4日のみ)
●畳製品(3・4日のみ)
●刃物(4・5日のみ)

【食体験・販売など】
●売店(お土産、伝統的工芸品など)
●茶店(和菓子)
●そば屋
●鮎の塩焼き
●手焼きせんべい(3・4日)
●近隣高等学校による生産物販売

※天候などにより、 スケジュールやイベント内容が変更になる場合がございます。

【利用案内】
住所:千葉県印旛郡栄町龍角寺1028
TEL:0476-95-3333
開館時間:午前9時~午後4時30分
休館日:月曜日(月曜日が祝日または振替休日の場合は、 翌日休館)
入館料:一般300円、 高・大学生150円
(中学生以下と65歳以上、 障害者手帳をお持ちの方と介護者1名は無料)

◎春のまつり詳細につきましては「千葉県立房総のむら」ホームページをご確認ください。
http://www2.chiba-muse.or.jp/MURA/index.html

  • twitter SHARE
  • facebook SHARE
  • googlePlus SHARE