朝に花開く美しいスイレンが見頃に。「スイレン展」6/15~7/4滋賀県草津市にて開催

※ 掲載記事に関して
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、紹介する施設によっては営業時間の変更や休業、イベントの延期・中止が生じる場合があります。また、情報は記事掲載時点のものです。お出かけの際は、事前にHPなどで詳細をご確認ください。

滋賀県草津市にある水生植物公園みずの森では、約130種類以上の熱帯性スイレン・耐寒性スイレンを栽培しています。6月上旬頃よりこのスイレンの花が続々と見頃を迎える見込み。この見頃にあわせて、2021年6月15日(⽕)から7月4日(日)の期間中「スイレン展」を開催します。  

ハスやスイレンなど水辺の植物をテーマにした「草津市立水生植物公園みずの森」は、琵琶湖畔に位置し、琵琶湖やその周囲の山並みを一望できる立地に加え、ここでしか見ることができない珍しい植物、⾊鮮やかな熱帯植物を楽しむことができる植物公園です。

同園では130種類を超えるスイレンを栽培しており、園内のいたる所でスイレンを見ることができます。このスイレンの花が、6月上旬から順次見頃を迎えます。温室の熱帯性スイレンだけでなく、屋外の耐寒性スイレンも咲きはじめ、一年で最も数多くのスイレンを鑑賞できる時期となります。

このスイレンの見頃にあわせて、毎年好評の「スイレン展」を2021年6月15日(⽕)から7月4日(日)の期間で開催。
スイレンの花を間近で観賞できるスイレン水槽をはじめ、品種別の鉢展示など屋外エリアの展示が充実しており、密を避けながら、ゆったりと鑑賞できます。
朝から昼にかけて花開く特性をもつ、水辺を鮮やかに彩るスイレンの花々をご覧ください。

【「スイレン展」開催概要】
期間:2021年6月15日(火)~7月4日(日)
※6月21日(月)、28日(月)は休園
会場:草津市立水生植物公園みずの森
開園時間:9:00~17:00(入園16:30まで)
入園料:大人300円/65歳以上150円/高校・大学生250円/中学生以下無料
※65歳以上、高校・大学生は身分証明書をお持ちください。
※団体割引や年間パスポートなどもございます。詳しくは当園WEBサイトをご覧ください。
駐車場:無料
※新型コロナウィルス感染拡大状況や草津市による判断等により、 予定は変更となる場合があります。

<鑑賞は「朝~昼」がおすすめ>
スイレンは朝に花開く特性をもつ植物です。耐寒性スイレンは昼過ぎに、熱帯性スイレンも15:00頃には花びらが閉じていくため、より花が美しく開花する午前中の観賞をおすすめします。

【施設概要】
所在地:滋賀県草津市下物町1091番地
開園時間:
●通常期間
公園:9:00~17:00(最終入園16:30)
アトリウム(温室):9:00~16:30
●夏季期間(2021年7月10日~8月9日)
公園:7:00~17:00(最終入園16:30)
アトリウム(温室):7:00~16:30
●冬季期間(11月~2月)
公園:9:30~16:00(最終入園15:30)
アトリウム(温室):9:30~15:30
休園日:
月曜日(祝日の場合は開園し翌日休園)
年末年始(12月28日~1月4日)
入園料:大人300円、65歳以上150円、高校・大学生250円、中学生以下無料
※65歳以上、高校・大学生は身分証明書をお持ちください。
※団体割引や年間パスポートなどもあります。詳しくはWEBサイトをご覧ください。

URL:https://www.seibu-la.co.jp/mizunomori/

  • twitter SHARE
  • facebook SHARE
  • googlePlus SHARE

新着記事

おすすめ記事

おすすめコラム

Drive! NIPPON公式SNSにて情報配信中!

友だち追加
» language / 言語