真冬のぼたん鑑賞!「新春ぼたん展」埼玉県東松山市、東松山ぼたん園にて1/9~24まで初開催

※ 掲載記事に関して
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、紹介する施設によっては営業時間の変更や休業、イベントの延期・中止が生じる場合があります。また、情報は記事掲載時点のものです。お出かけの際は、事前にHPなどで詳細をご確認ください。

埼玉県東松山市にある東松山ぼたん園では、開園から初の試みとして2021年1月9日(土)~24日(日)に「新春ぼたん展」を開催します。真冬の寒さの中、ぼたんの花の可憐な姿が鑑賞できます。鑑賞時期は、2021年1月上旬から2週間程度の見込みです。

東松山市の花である「ぼたん」の普及活動の一環として1990年に開園した「東松山ぼたん園」は、様々な品種が約6,500株が植栽されている関東有数のぼたん園で、毎年4月中旬から5月初旬にかけて「ぼたんまつり」を開催しています。

抑制栽培の技術を駆使して、お正月の"縁起花"として開花させた「ぼたん」の花に、雪ん子のような藁ぼっちを被せたものを展示。ぼたんの花の鑑賞時期は、2021年1月上旬から2週間程度の見込みです。

また、園のぼたんは全て、ぼたんの花の日本一の生産地「島根県松江市大根島」 で育てられたものです。今回の「新春ぼたん展」でも、島根県松江市にある山陰最大級の池泉回遊式の日本庭園『由志園』で育てられたものを展示します。

【「新春ぼたん展」開催概要】
開催日時:2021年1月9日(土)~24日(日)
開園時間:10:00~15:00
会場:東松山ぼたん園(東松山市大字大谷1148-1)
入場料:無料

【東松山ぼたん園 概要】
東松山市の花「ぼたん」の普及活動の一環として1990年に開園し、約6,500株が植栽されている関東有数のぼたん園。全国各地にあるぼたん園と比べても、植栽されているぼたんの株数の多さは日本最大級と言えます。
同園のぼたんは、例年4月中旬ごろから色鮮やかな花をつけ始め、最盛期に開催される「ぼたんまつり」では、市内外から多くの来園者でにぎわいます。ぼたん以外にはアジサイやイロハモミジ、ロウバイなども植栽されており、大型複合遊具や芝生広場、展望台などもあり年間を通して楽しめます。
開園時間 :
春のぼたんの開花時期の「有料期間」と、それ以外の「無料期間」で開園時間が異なります。
有料期間:8:30~17:30(入園時間は17:00まで)
無料期間:終日開放
※この他、 イベント等で早朝開園の場合あり
入場料:
春のぼたんの開花時期のみ「有料」となります。
有料期間中の入園料:大人500円、小・中学生100円
※有料期間は開花状況により決定します。 有料期間中以外の時期は無料で入場可能。
※この他、割引等についてはWEBサイトをご覧ください。

東松山ぼたん園 WEBサイト:
https://www.seibu-la.co.jp/higashimatsuyama-pg/

  • twitter SHARE
  • facebook SHARE
  • Line SHARE

新着記事

おすすめ記事

おすすめコラム

公式SNSアカウント

Drive! NIPPON公式SNSにて情報配信中!

» language / 言語