アジア初開催!神戸の夜空を照らす7色の光「GlobalRainbow@KOBE 2020」

※ 掲載記事に関して
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、紹介する施設によっては営業時間の変更や休業、イベントの延期・中止が生じる場合があります。また、情報は記事掲載時点のものです。お出かけの際は、事前にHPなどで詳細をご確認ください。

一般財団法人神戸観光局は、2020年12月4日(金)から13日(日)までの10日間、神戸港内から六甲山系に向けて7色のハイパワーレーザーの巨大なパブリックアート「GlobalRainbow@KOBE 2020(グローバルレインボウ アット コウベ ニーゼロニーゼロ)」を開催。新型コロナウイルスの影響で観光需要が落ち込む中、徹底した感染症対策を講じることで、旅行者に安心して神戸の観光を楽しんでもらうことを目的とした事業です。
グローバルレインボウは、ニューヨーク/ベルリンを拠点に活躍するアーティスト、イヴェット・マターン氏による作品で、これまでアメリカやイギリスなどで実施されてきましたが、今回はアジア初の開催です。
また本事業は、withコロナ時代の「あたらしいツーリズム」のケーススタディとして、観光庁から事業採択を受けています。

※写真は海外での事例:2019年9月スウェーデンにて

【 GlobalRainbow @KOBE 2020 】
展示期間:2020年12月4日(金)~13日(日)10日間
試験点灯:12月3日(木)
照射時間:日没頃~21:00
主催団体:一般財団法人神戸観光局、 神戸市港湾局
公式HP:https://globalrainbow-kobe.jp

■ “新しい生活様式”の視点を取り入れ、3密を避けた観光イベント
「GlobalRainbow @KOBE 2020」は、神戸港の中突堤やメリケンパーク等を中心に、3密を避けるために「屋外」で展開し、「広域」かつ、「長時間」いつでも鑑賞できるようにした、スケールの大きな広域アート作品です。「観客が一か所に集中しない」「公共交通機関が混雑しない」など、「新しい生活様式」の視点をとり入れ、観光庁の「誘客多角化等のための魅力的な滞在コンテンツ造成」における実証事業(1次募集)に申請し、採択されました。

■鑑賞可能範囲予測
7色のレーザー(上図の赤色の直線)を中心に、東西約300m幅の範囲で視認が可能と想定

■グローバルレインボウとは
ビジュアルアーティスト、イヴェット・マターン氏によって独自開発された、7色のハイパワーレーザーを使用した巨大なパブリックレーザーアート。これまで、アメリカ(ニューヨーク、ピッツバーグ、ニューヘイブン)、イギリス(ロンドン)、ドイツ(ベルリン)、スウェーデン(スモーゲン)など、世界各国で実施されました。今回、美しい神戸の港が本作品のイメージと重なり、日本初・アジア初の開催となりました。

■イヴェット・マターン氏
ニューヨーク/ ベルリンを拠点とするビジュアルアーティスト。
彼女のアート作品は、パフォーマンス、パブリックアート、彫刻など多岐にわたり、その作品は世界各国で展示されている。

■鑑賞の際の注意事項
・道路や横断歩道で立ち止まっての鑑賞、岸壁などの立ち入り禁止場所や私有地へ進入しての鑑賞は絶対に行わないでください
・車道や路肩・歩道上などにおける車での鑑賞は、歩行者や他の車両への迷惑になるばかりでなく、事故につながる恐れがあり大変危険です。鑑賞に訪れる際は公共交通機関を利用してください
・マスク着用の上、ソーシャルディスタンスを確保し、鑑賞してください
・混雑解消や安全確保のため、スタッフや警備員等の指示に従って行動してください
■開催の一時中断・中止を行う場合
・荒天や災害などが発生した場合
・混雑状況が解消しない。安全の確保ができないと主催者が判断した場合

  • twitter SHARE
  • facebook SHARE
  • googlePlus SHARE

新着記事

おすすめ記事

おすすめコラム

Drive! NIPPON公式SNSにて情報配信中!

友だち追加
» language / 言語