温泉都市・別府、CM16タイプでおもてなし再開告知!“ウズウズの限界”を訴えるPR動画公開

※ 掲載記事に関して
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、紹介する施設によっては営業時間の変更や休業、イベントの延期・中止が生じる場合があります。また、情報は記事掲載時点のものです。お出かけの際は、事前にHPなどで詳細をご確認ください。

別府市は、本秋・冬の別府温泉観光を促進するキャンペーン「別府温泉 おもてなし再開」を、9月23日(水)にスタートします。本キャンペーンでは、市民と観光施設スタッフが出演する全16タイプのムービーのほか、様々なおもてなし企画を用意し、この状況でできること、別府温泉の思いをお客様にアピールしています。

■ライバルともいえる12の観光施設に、市長まで出演する「別府史上初のPR」
働く人の9割近くが宿泊業や飲食業を含むサービス産業に従事し、名実ともに観光の街である別府市。その多くの事業者が、新型コロナウイルス感染拡大の影響により、3月上旬から実質的な休業状態が続いています。本業の「おもてなし」がしたくてウズウズしている気持ちをアピールしたい。そうした市民感情だけでも伝わればと、12の主要観光施設スタッフ、そして市長もそろってPRムービーをつくることになりました。新型コロナウイルスの動向がどうなっていくのかわからない中、「来てくれとは言えないけどお客様を待っています」という複雑な観光都市の思いを訴えています。

■この緊急事態にも、明るくユーモラスに「おもてなし心」を伝える!
観光施設スタッフが主役のCM16タイプ
「別府温泉おもてなし再開」CM16タイプの出演者は、別府市の観光施設スタッフを中心に構成されています。それぞれの出演者が別府らしい明るさとユーモアで、コロナ状況下での感染対策や、おもてなしの気持ちを伝えています。

ムービータイトル:【別府温泉おもてなし再開】全CMまとめ
ムービーURL: https://www.youtube.com/watch?v=dKOaQresYfk

■別府市長・長野恭紘のコメント「今回のPRにあたって」
別府の観光施設はずっと、お互いをライバル視していた印象がありました。ところが、2016年の熊本地震で、被災した別府温泉の観光業もピンチに。その時、はじめて事業者や市民の皆さんの心がぐっとひとつになりました。ピンチになれば、協力しあってチャンスに変える。多くの観光施設が一堂に会した今回のPRにも、その教訓が生かされています。
しばしば、「命が大事なのか、経済を回すのが大事なのか」という二者択一を迫る議論を耳にします。けれど、毎年900万人のお客様が訪れ、働く市民の90%が観光に関わる別府では、命と経済は密接につながっています。両方をつながったまま回していく街の運営が必要です。
新型コロナウイルスが収束して、元どおりに観光客が戻ってくるまで2~3年かかるかもしれない。けれど、下を向いてばかりはいられません。他の多くの観光地も、そう考えているはずです。
社会もお客様も価値観が変わるので、ここでいったん頭を切り替えて、根本的に方針を見直さなきゃいけません。お客様をどんどん呼べば、密になってしまう。これまでのような「来てください!」という観光PR合戦は、厳しくなってくるでしょう。お客様の数を増やすというよりも、別府温泉のファンを作っていかなければいけません。少ないお客様でも、サービスの満足度を上げて、単価を上げていただく。何泊もしたくなる別府温泉、2回目、3回目と来たくなる別府温泉を作っていく必要があります。
コロナ禍であればこそ、それを逆手に取った、新しいサービスやビジネスチャンスが生まれる可能性もあります。いま、別府市はこの逆境をバネにして、チャンスと捉えています。

「別府温泉 おもてなし再開」URL:
https://uzuuzu.gokuraku-jigoku-beppu.com/

  • twitter SHARE
  • facebook SHARE
  • googlePlus SHARE

新着記事

おすすめ記事

おすすめコラム

Drive! NIPPON公式SNSにて情報配信中!

友だち追加
» language / 言語