約50万本の「羽毛ゲイトウ」の花畑が見頃!埼玉県、国営武蔵丘陵森林公園

※ 掲載記事に関して
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、紹介する施設によっては営業時間の変更や休業、イベントの延期・中止が生じる場合があります。また、情報は記事掲載時点のものです。お出かけの際は、事前にHPなどで詳細をご確認ください。

埼玉県比企郡滑川町と熊谷市楊井にまたがる国営武蔵丘陵森林公園では、ニワトリのトサカにも似た「羽毛ゲイトウ」約50万本が見頃を迎え、一足早い秋の訪れを感じることができます。
赤やオレンジなどの色に加え、今年は新色「ローズ」も追加したことで、より彩りのある花畑の景観が楽しめます。羽毛ゲイトウの見頃のピークは9月半ば~10月上旬まで続く見込みです。

「羽毛ゲイトウ」はニワトリのトサカのようにふわふわとした花穂が特徴で、一足早い秋色を楽しめる植物です。今年の見頃は、9月半ば~10月上旬まで続く見込み。
今年の花畑は、赤・黄・ピンク・オレンジ色に加えて、新色「ローズ」 も追加され、秋色のカラフルなデザインを楽しむことができるようになっています。約8,000平方メートルの広大な景観を楽しむのは、今の時期がおすすめです。

■国営武蔵丘陵森林公園「羽毛ゲイトウ」について
「ケイトウ」はニワトリのトサカに似ていることから「鶏頭」と呼ばれ、多くの園芸品種があります。本公園では長いふわふわの花穂が特徴的な「羽毛ゲイトウ」を植栽しています。
植え付けの時期や管理を工夫することによって、花畑の中でも見頃の時期をずらし、長い期間楽しむことができます。
見頃予想:9月半ば~10月上旬まで
※天候などにより前後する可能性があります。
場所:国営武蔵丘陵森林公園 運動広場花畑(南口から徒歩約20分)
株数:約50万株
花畑面積:約8.000平方メートル

■園内では「赤ソバ」もまもなく見頃を迎える見込み
「羽毛ゲイトウ」の花畑の横に、約1,000平方メートル の「赤ソバ」花畑があり、約10万本が植えられています。
10月上旬頃から赤いソバの花が開花し、10月下旬ころまで楽しめる見込み。普段あまり見ることがない『ソバの花』も、この機会にぜひあわせて観賞ください。
見頃予想:10月上旬~下旬まで
場所:運動広場花畑の横エリア
株数:約10万株
花畑面積:約1.000平方メートル

【国営武蔵丘陵森林公園 概要】
所在地:埼玉県比企郡滑川町山田1920
開園時間:
・3/1~10/31…9:30~17:00
・11/1~11/30…9:30~16:30
・12/1~2/28…9:30~16:00
休園日:
・年末年始(12/31、1/1)
・1月の第3、第4月曜日
アクセス:
●東武東上線「森林公園」駅より北口バスのりば
・「森林公園南口行(土・日曜、祝日のみ運行)」乗車、終点で下車すぐ
・「熊谷駅南口行」または「立正大学行」乗車、「森林公園西口」で下車すぐ
または「滑川中学校」で下車し徒歩約5分
●JR高崎線「熊谷」駅より南口バスのりば
・「森林公園行」乗車、 「森林公園西口」または「森林公園南口入口」下車すぐ

国営武蔵丘陵森林公園URL:https://www.shinrinkoen.jp

  • twitter SHARE
  • facebook SHARE
  • Line SHARE

新着記事

おすすめ記事

おすすめコラム

公式SNSアカウント

Drive! NIPPON公式SNSにて情報配信中!

» language / 言語