「Drive! NIPPON」(アプリ)内、『マップコード』機能の利用企業・団体募集! !

数値化した緯度経度『マップコード(MAPCODE)』
数値化した緯度経度『マップコード(MAPCODE)』

『マップコード(MAPCODE)』は、日本国内の場所を数値化した緯度・経度です。例えば、住所や電話番号のない場所でも、カーナビや「Drive! NIPPON」(アプリ)にそのマップコードを入力するだけでスムーズに目的地へ行くことが可能になります。

観光地を簡単に案内したい
観光地を簡単に案内したい

マップコードは6桁~12桁の数字で場所を指定します。アプリを起動し、地図上・住所・緯度経度のいずれかで任意地点を指定し「Get! MAPCODE」をクリックするとマップコードが表示されます。このマップコードはメールやSNSなどでも共有可能です。

スマートフォンやカーナビと簡単連携
スマートフォンやカーナビと簡単連携

マップコードを入力し「Get! Place」をクリックすると、地図上に目的地が表示されます。「Go to this Place」をクリックすると、スマホナビに連携しルートが検索・表示、ナビの開始が可能。また、直接カーナビへマップコードを入力するだけで目的地がセットされ、簡単にナビを開始することができます。
これで、観光地までのスムーズなご案内が実現できます。

マップコードを観光案内パンフレットや雑誌などに記載しておくと、目的地を簡単に案内できるので便利です。海外からの旅行客にも親切な案内が可能になります。

住所がない場所も簡単に知らせたい
住所がない場所も簡単に知らせたい

新規オープン予定施設の場所を知らせたくてもまだ住所が存在しないので案内することができない、といった場合に役立つのがマップコード。
マップコードは住所の無い場所でも特定することが可能です。富士山2合目や釣りのポイント、さらに、イベント会場など広い場所でピンポイントに場所を指定したい場合にも有効的です。

【キャンペーン概要】
<対象>
国内観光旅行客を対象にする企業・団体
<提供機能>
「Drive! NIPPON」(アプリ)内『マップコード(MAPCODE)』
<マップコード紹介サイト>
http://www.e-mapcode.com/
<使用にあたっての詳細>
http://www.e-mapcode.com/ad.html


■ お問い合わせ
株式会社デンソーコミュニケーションズ
info@denso-communications.jp

  • twitter SHARE
  • facebook SHARE
  • googlePlus SHARE