羽田から日本の伝統文化を発信。地域と創出する新しい”浮世絵”の世界「浮世絵 THE WORLD」を開催

※ 掲載記事に関して
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、紹介する施設によっては営業時間の変更や休業、イベントの延期・中止が生じる場合があります。また、情報は記事掲載時点のものです。お出かけの際は、事前にHPなどで詳細をご確認ください。

株式会社SECAIは、2020年9月18日(金)~22日(火・祝)のシルバーウィーク期間、 HANEDA INNOVATION CITY(羽田イノベーションシティ)にて「浮世絵 THE WORLD」を開催します。

2020年7月、日本国内外を繋ぐ役割を担っている羽田に、体験を通じた伝統文化の発信を行う新しい”まち”であり、空港近接の大規模複合施設である「HANEDA INNOVATION CITY」がオープンしました。
SECAIは、この新しい”まち”で日本の伝統文化”浮世絵”と江戸時代の世界を五感で体験・表現する「浮世絵 THE WORLD」を企画。

会場に入ると、日本の伝統的な照明である灯篭が街の入り口を彩り、来場者を出迎えます。この灯篭は、大田区内の中学校が一部制作協力してもらった”浮世絵の動物”や“大田区ゆかりの浮世絵”が描かれた置型の灯篭となっております。 江戸から現代に続く光の道として、まちの入り口のみならず巨大浮世絵までのスロープなど随所に置かれ、来場者を優しく照らします。

会場内では、定期的に現れる“江戸おもてなし大道芸”によるパフォーマンスが開催。江戸ならではである大道芸で来場者を明るくおもてなししてくれます。
また、江戸で人気を博した浮世絵師、歌川国芳と東洲斎写楽や大田区ならではのデザインが大きく描かれた迫力のある約3mの巨大提灯も。この提灯には、絵描きユニット「だるま商店」による迫力のある絵が描かれております。

そして17時以降から開門される巨大浮世絵エリアでは、大田区内の小学生たちが一部制作協力した約10,000 個もの小さな紙ろうそくで表現する巨大浮世絵“羽田旋風快晴”を展示。ろうそくの揺らぐ光で一度として同じ姿を見せない幻想的なアート作品となっています。

【開催概要】
イベント名:浮世絵 The World
期間:2020年9月18日(金)~9月22日(火・祝)シルバーウィーク期間中
時間:
9月18日(金)~9月21日(月・祝)11:30~21:00
9月22日(火・祝)11:30~19:00
会場:HANEDA INNOVATION CITY
アクセス:京浜急行電鉄空港線・東京モノレール「天空橋」駅直結
料金:無料

  • twitter SHARE
  • facebook SHARE
  • googlePlus SHARE

新着記事

おすすめ記事

おすすめコラム

Drive! NIPPON公式SNSにて情報配信中!

友だち追加
» language / 言語