映像とアートが逗子で楽しめる!逗子アートフェスティバル2020内にて「螺旋の映像祭」10/10 (土) 開催

※ 掲載記事に関して
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、紹介する施設によっては営業時間の変更や休業、イベントの延期・中止が生じる場合があります。また、情報は記事掲載時点のものです。お出かけの際は、事前にHPなどで詳細をご確認ください。

逗子アートフィルムでは、逗子アートフェスティバル2020内にて映像とアートを楽しむ「螺旋の映像祭」を10月10日(土)に開催します。

映像の歴史は真っ直ぐではなく、社会や他の芸術分野に影響を与えつつ、螺旋状に拡がっていきました。様々な芸術的行為が混ざり合い、新たな創造に向かっていくような祝祭です。どなたでも楽しめるアニメーションやメディアアートの展示とパフォーマンス、現代美術の映像作品の上映があります。
※展示、パフォーマンス、上映の詳しいスケジュールはウェブサイトをご確認ください。

【螺旋の映像祭】
日時:2020年10月10日(土)11:00〜21:00
料金:一部有料
会場:逗子文化プラザ さざなみホール

<参加作家>
展示:池亜佐美、上平晃代、金井啓太、重田佑介+Zennyan、築地のはら、早見紗也佳
パフォーマンス:円香、本藤太郎、宮田涼介
上映:荒木悠、ダニエル・ジャコビー、大西景太、金井啓太、久保ガエタン、玄宇民、高田冬彦、仲本拡史、山城知佳子、吉開菜央 など

主催 :逗子アートフェスティバル実行委員会
共催 :逗子市/逗子市教育委員会
令和2年度 文化庁文化芸術創造拠点形成事業

逗子アートフェスティバル2020公式ウェブサイト:
https://zushi-art.com/

  • twitter SHARE
  • facebook SHARE
  • Line SHARE

新着記事

おすすめ記事

おすすめコラム

公式SNSアカウント

Drive! NIPPON公式SNSにて情報配信中!

» language / 言語