奈良県最古の醤油蔵を再興「NIPPONIA 田原本 マルト醤油」“泊まれる醤油蔵” 8/29 (土) 開業

※ 掲載記事に関して
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、紹介する施設によっては営業時間の変更や休業、イベントの延期・中止が生じる場合があります。また、情報は記事掲載時点のものです。お出かけの際は、事前にHPなどで詳細をご確認ください。

1689年(元禄2年)に創業した奈良県最古の醤油蔵元・株式会社マルトは、醤油蔵を改修した古民家ホテル「NIPPONIA 田原本 マルト醤油」を8月29日(土)に開業します。

マルト醤油は奈良県最古の醤油蔵。70年前に一度閉業しましたが、醤油蔵の再興をかけ今年、築130~140年の蔵を一部宿泊棟として改修されました。

醤油蔵の復活に際し、18代目当主・木村浩幸が伝統の古文書を読み解き、醤油づくりに挑戦。伝統の製法を探り続けるうち、70年ぶりに蔵付き菌が生き続けていたことを発見し、この度の開業に至りました。蔵には古文書のほか、醸造場や居住棟、道具類が当時のまま残されており、建物の一部を改修し宿泊施設「NIPPONIA 田原本 マルト醤油」として新たなスタートを切ります。現在も醤油は醸造を続けており、2022年の発売を目指しています。

屋敷全体は、奈良固有の“大和棟造り”の名残りある母屋を中心とする屋敷構えは、伝統的な造りを今に残しており、築年数は約130~140年。その佇まいから、当時この蔵に住み込みで働いていた蔵人たちの生活を至るところで感じられます。全7室の客室はかつての醤油蔵元の使われ方に着想を得た家具や装飾を施しており、古文書が保管されていた部屋は「府庫」、原材料を貯蔵していた蔵は「糀」「碓」など、部屋名にも醤油づくりや蔵の歴史に因んだ名称が採用されています。

客室以外の空間には、蔵の創業当時から設えられているたくさんの「おもてなし」の想いが随所に残されています。丁寧に手入れされた庭には、当時から来客の方々を見守る七福神の飾り瓦や春日灯篭、330年間祈りを捧げてきた社など、ずっと変わらない景色が、蔵やここに訪れる人々を見守ってきました。また、食事をする間は当時最上のお客様をお迎えしていた特別な奥の間。美しい庭の景色を眺めながら、澄んだ空気と静謐な空間で朝食がいただけます。

■田原本町について
ここ奈良県・田原本町では、「NIPPONIA 田原本 マルト醤油」が初の宿泊施設。田畑に囲まれ大和の原風景が望めるこの地には、重要文化財や遺跡、神社仏閣が多く存在します。
奈良盆地の中で唯一残る古代の精霊宿る原生林にある村屋神社は、日本最古とされる大神神社の別宮とされ、古より両方をお参りすることで御利益があると言われ祈り続けられてきました。また、2200年前にあった弥生時代の環濠集落である国史跡唐古・鍵遺跡や、邪馬台国説がある纒向遺跡などの遺跡、三輪山や二上山などの山々に囲まれ、“原点回帰”とも呼べるような体験ができます。

さらに、田原本は食材についてもたくさんの“はじまり”を生んだ土地。大和の稲作発祥地でもあり、秋には稲穂の揺れる壮大な景色が見られます。ほかには全国で流通しているスイカの栽培種の9割が田原本産であったり、邪気を払うとされている、小ぶりな「古代もも」はこの地域の遺跡から、たくさんの種が見つかっていたり。醸造文化発祥の地・農業・食文化の原点でもある田原本にとって、この宿が地域の魅力を高め、域外のお客様にもより愉しんでいただける拠点の一つとなっていきたいと考えられています。

■醤油について
70年ぶりに復活を遂げたお醤油は、現在も醸造中。地元原材料と天然醸造製法にこだわったマルト醤油のお醤油は、醤油としてお客さまにお出しできるまで約2年かけてじっくりと熟成させています。販売開始は2022年を予定。創業1689年から続く味は、田原本産を中心とした大豆と小麦で丁寧につくっており、風味豊かで皇室御用達でもありました。お客さまには、地域の食材とマルトのお醤油を使って、体をいたわるようなやさしいメニューを提供。

【施設概要】
施設名:NIPPONIA 田原本 マルト醤油
所在地:奈良県磯城郡田原本町伊与戸170
アクセス:近鉄田原本駅より車で10分
開業:2020年8月29日 (土)
予約:2020年8月より受付中
仕様:全7室、収容人数約30名
公式サイト:https://maruto-shoyu.co.jp

  • twitter SHARE
  • facebook SHARE
  • Line SHARE

新着記事

おすすめ記事

おすすめコラム

公式SNSアカウント

Drive! NIPPON公式SNSにて情報配信中!

» language / 言語