平成の桃源郷 宮崎県西米良村(にしめらそん) 10,000本の桜の里づくりを目指し9,000本突破

10,000本の桜の里づくりを目指して植栽をすすめ、今年、ついに9,000本を突破した、宮崎県にある“平成の桃源郷”こと西米良村。春の訪れとともに、村全体をピンク色に染める満開の「ヤマザクラ」、芽吹いたばかりの新鮮な「山菜」がピークを迎え、毎春、この桜や山菜を楽しむイベントが多数開催されています。今回は初の試みとなる、西米良村の山菜をふんだんに使用した特製「春の作小屋弁当」が登場。美しい桜を眺めながら、本物の山菜に舌鼓を打つことができるという贅沢。千載一遇の機会をどうぞお見逃しなく!

■宮崎県西米良村とは
「平成の桃源郷」ともいわれる西米良村は、山深い谷間にあります。宮崎県の西部に位置し、宮崎市中心地から車で2時間ほどの、熊本県境にある自然が豊かな村です。また、独特の文化が現在も息づき、村民によって未来へと伝承する活動が行われています。人口は約1,000 人と宮崎県の自治体の中で最少ですが、地元を愛する人たちの思いは一番の村です。

■西米良村だから生まれた「桜」と「山菜」の出会い
村を桜色に染める「平成の桃源郷」
桜を愛してやまない西米良村では、 桜の木を10,000本まで増やそうと「10,000本の桜の里プロジェクト」を進めています。今現在、9,000本以上に到達しており、昔ながらの風景漂う山里が全面桜色に染まるという、誰も見たことのない伝説の風景が実現されようとしています。そんな西米良村では3月から4月にかけて大小様々な桜のイベントが開かれ、多くの観光客が訪れています。

春の山菜の味わいは、一度食べたら忘れられないおいしさで、とりわけ西米良で育つものは、昼夜の寒暖差が大きいため旨みが凝縮されているのが特徴。このすばらしい山の恵みを皆様にも味わってほしいと、西米良村では山菜のイベントを多数開いています。5月3日(木・祝)の毎年恒例「カリコボーズの山菜まつり」では、おがわ作小屋村で山の幸をたくさん食べられるだけでなく、西米良の神楽や語り部による民話も披露され、西米良村の文化も楽しめます。また、4月8日(日)から3回に渡り日曜日ごとに開催される、「春の山菜バイキング」(西米良温泉カリコボーズの湯ゆた~と)では、採れたてをサクッと揚げた山菜天ぷらが絶品です!

【桜と山菜 イベント内容一覧】
・こしのお春まつり&桜ウォーキング大会 4月1日(日)
・春の山菜バイキング 4月8日(日)・15日(日)・22日(日)
・米良山菜やま開き 4月29日(日・祝)
・カリコボーズの山菜まつり 5月3日(木・祝)
・横野ふれあい販売 5月3日(木・祝)
・ホタル観賞 5月下旬~6月上旬

【おがわ作小屋村】
住所:宮崎県児湯郡西米良村大字小川囲254
電話:0983-37-1240
営業時間:歴史民俗資料館・西米良民話館・売店…10:00~17:00 食事処…10:30~15:00
桃源郷の宿 チェックイン…14:00~17:00/チェックアウト…12:00
[定休日] 毎月第4水曜日、 12月29日~1月2日

※宮崎市、 西都市方面からは安全に来ることができます。
※熊本方面より国道219号線を通って西米良村に来ることはできません。
※道路状況は経時的に変わりますので、 最新情報は西米良村公式facebook「西米良応援隊」でご確認ください。
「西米良応援隊」
https://www.facebook.com/karikobouzunohoihoikun/

■宮崎県西米良村公式サイト
http://www.vill.nishimera.lg.jp

  • twitter SHARE
  • facebook SHARE
  • googlePlus SHARE