国立科学博物館、無料動画配信スタート!企画展「ボタニカルアートで楽しむ日本の桜 ー太田洋愛原画展ー」

※ 掲載記事に関して
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、紹介する施設によっては営業時間の変更や休業、イベントの延期・中止が生じる場合があります。また、情報は記事掲載時点のものです。お出かけの際は、事前にHPなどで詳細をご確認ください。

国立科学博物館は、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため開催中止となった、企画展「ボタニカルアートで楽しむ日本の桜 ー太田洋愛原画展ー」の展示紹介動画をYouTube(国立科学博物館公式 かはくチャンネル)で無料配信します。

新型コロナウイルス感染症対策専門家会議の見解等を受け、国立科学博物館 (上野本館) は2020年2月29日より当面の間、 臨時休館しています。
企画展「ボタニカルアートで楽しむ日本の桜 ー太田洋愛原画展ー」は、2020年3月14日 (土) ~4月12日 (日) の期間で開催を予定していましたが、臨時休館にともない観覧できない状況です。

そこで、本企画展を監修者の解説とともに見られるよう、展示紹介の動画を制作。
3本の動画を国立科学博物館公式YouTube(【国立科学博物館公式】 かはくチャンネル)にて配信します。

動画は3編構成で、監修者の植物研究部長 樋口正信が、「ボタニカルアート」「日本の桜」「太田洋愛」の3つのテーマに沿って展示を解説します。

#1では、 本企画展の概要とテーマのひとつである「日本の桜」について紹介。日本植物分類学の父、牧野富太郎が採集した桜の標本が見どころのひとつです。

#2では、太田洋愛がどのような人物であったのか、「日本桜集」の共著者である大井次三郎がどのような人物であったのかを紹介。

#3では、一番の見どころである太田洋愛の描いた桜図を、その描画の素材となった品種の標本とともに紹介。科学的に正しく記録されたボタニカルアートは芸術性も兼ね備えています。

■ 国立科学博物館ホームページ:
https://www.kahaku.go.jp/  

■ 国立科学博物館公式YouTube(【国立科学博物館公式】 かはくチャンネル): https://www.youtube.com/user/NMNSTOKYO/

  • twitter SHARE
  • facebook SHARE
  • Line SHARE

新着記事

おすすめ記事

おすすめコラム

公式SNSアカウント

Drive! NIPPON公式SNSにて情報配信中!

» language / 言語