“秘境すぎる温泉宿”が新型コロナで宿泊数1.5倍増。口コミで注目、山と田んぼしかない温泉宿

※ 掲載記事に関して
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、紹介する施設によっては営業時間の変更や休業、イベントの延期・中止が生じる場合があります。また、情報は記事掲載時点のものです。お出かけの際は、事前にHPなどで詳細をご確認ください。

周辺には山と田んぼしかない“秘境すぎる温泉宿”クアパーク長湯は、コロナウイルス感染拡大でサービス業が大打撃を受ける中、 前月比で宿泊数が増加し2020年3月期は開業以来過去最高となる見通しです。
新型コロナウイルスの影響が拡大する前の2月と比べて3月は1.5倍の宿泊者数を達成しました。

■ 1棟ごとの隔離コテージ、温浴療養でも活用される炭酸泉と同質の温泉
クアパーク長湯の、クア (Kur) はドイツ語で「療養、保養のための滞在」を意味します。
山や田んぼに囲まれた広々とした開放感あふれる施設で、宿泊エリアが1棟ごと隔離されたコテージタイプの宿です。温泉棟は50m歩行浴をはじめとした広々した露天の温泉プールで構成されているため、コロナ感染につながる密室・密集を回避できる点が宿泊予約者の安心につながっています。
観光名所も少なくアクセスも不便な大分県竹田市ですが、医療先進国ドイツの温浴療養で利用されている炭酸泉と同質の温泉を産出しています。血流を高める重炭酸イオンが溶け込み、健康効果の高い一方で、日本でわずか0.4%といわれる希少なこの泉質に着目し、クアパーク長湯ではあえてこの地でドイツから学んだ本格的な重炭酸温浴法療養施設を運営しています。

この季節は近くの桜街道が満開となっており、自然を満喫しながら心も体もリフレッシュすることができ、かつ大勢の観光客が殺到し、不特定多数の人と接触する危険が少ないため、巣ごもり生活で窮屈さを感じた人々の関心を呼んでいます。

【「クアパーク長湯」施設概要】
住所:大分県竹田市直入町長湯3041-1
TEL:0974-64-1444
総部屋数:16室(全戸ウッドデッキ付クアホテル)
水着で入る長さ50mの天然重炭酸泉歩行浴
寝湯 LIE DOWN AREA
宿泊費:10,000円 / 人 (税込) ~
お申込み方法:じゃらん、楽天トラベルまたは直接お電話からお問い合わせ下さい。
温泉棟 / 10:00-20:30 (最終受付20:00)
レストラン / 11:30-14:00、18:00-21:00
全施設休館日:毎月第1・第3水曜日・木曜日
ウェブサイト:
https://www.kur-nagayu.co.jp/

  • twitter SHARE
  • facebook SHARE
  • Line SHARE

新着記事

おすすめ記事

おすすめコラム

公式SNSアカウント

Drive! NIPPON公式SNSにて情報配信中!

» language / 言語