日本でいちばん早く露地もの新茶をてんぷらに!「新茶のお茶摘み体験」開催

※ 掲載記事に関して
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、紹介する施設によっては営業時間の変更や休業、イベントの延期・中止が生じる場合があります。また、情報は記事掲載時点のものです。お出かけの際は、事前にHPなどで詳細をご確認ください。

静岡県牧之原市にあるお茶チョコビレッジにて、新茶のお茶摘み体験を3月28日、29日の2日間限定で開催します。若葉の色に染まり始めた茶畑の中で気持ちよく“ぷちっ”“ぷちっ”っとお茶の葉を一枚一枚摘んでみませんか。

■新茶とは
お茶の木は冬の間はじっとしていて、春の暖かな気候になると小さな厚手のコートのような葉を脱いで新しい芽を伸ばしてきます。秋から冬にかけて蓄えた、美味しさの素になる栄養をたっぷり含んだ春の新芽だけを摘んで新茶が作られます。同じ畑でも、新茶を摘んだ後から50日ほどでまた新しい新芽が伸び、それを摘んでお茶になりますが、これは新茶ではないのでおいしさは少なく渋いお茶ができます。
昔からお茶は新茶が美味しいと言われて珍重されてきました。シングルオリジンなだけじゃなくていつ摘んだかがとっても大事。静岡では昔から立春から八十八日目の5月2日、八十八夜の新茶が一番の旬で最も美味しいと言われてきました。

■お茶摘み体験
静岡や京都ではハウス栽培の新茶の収穫は既に行なわれましたが、この茶園では自然の露地栽培ではたぶん日本で一番早くお茶摘み体験&てんぷら体験を実施します。

この時期に新茶が摘めるのは、印雑というとても珍しい品種の茶園だからなんです。日本で生まれたお茶の品種ですが、その名の通りお母さんがインド生まれ、お父さんがどこの誰なのか分からない雑種だから印雑と呼ばれています。この印雑の茶園だけが毎年寒くてもとびきり早く新芽が伸びてきます。いつもは4月中旬までそのまま放置されていました。今年はコロナウィルスで外出し難い、心が晴れない気持ちの方が多いのではないかという思いから、元気に伸びてきた新芽をいち早くお茶摘み体験ができるようにしました。広々とした屋外の茶畑で春の訪れを体験してみませんか。

【概要】
実施日:2020年3月28日 (土) 、29 (日) の2日間限定
両日とも11:00からと14:00の1日2回
開催場所:グリンピア牧之原&ななや/お茶チョコビレッジ
所在地:静岡県牧之原市西萩間1151
TEL:0548-27-2995
料金:大人820円、子供720円 (小学生以下は大人の方と一緒に参加してください)
※収穫後のお茶の葉をてんぷらにしてお楽しみ頂けます。
予約方法:電話 (0548-27-2995) にて受付中
人数に限りあり。できるだけご予約を頂くことをお薦めします。

  • twitter SHARE
  • facebook SHARE
  • googlePlus SHARE

新着記事

おすすめ記事

おすすめコラム

Drive! NIPPON公式SNSにて情報配信中!

友だち追加
» language / 言語