お茶を楽しむ「ふじのくに茶の都ミュージアム」が3月24日(土)にオープン!

静岡県は、お茶の産業・文化・学術を集積・発信するため、日本一の大茶園である 牧之原台地に位置する、お茶をテーマとした博物館、茶室、庭園、ミュージアムショップ、カフェレストランを有する「旧島田市お茶の郷」を「茶の都しずおか」の拠点として 整備を行い、3月24日(土)に、 新たに「ふじのくに茶の都ミュージアム」( https://tea-museum.jp/ )として オープンします。

「ふじのくに茶の都ミュージアム」は、熊倉功夫氏(静岡文化芸術大学名誉教授)が 全体をプロデュースし、お茶の産業、歴史、文化を紹介する展示のほか、茶摘み、手もみ茶体験、五感を使って楽しく学ぶ講座など、子どもから大人まで楽しくお茶について学ぶ機会を提供します。また、国内外の茶業関係者、お茶愛好家を対象とした研修会なども開催し、情報の集積、発信を行う場として役立つことを目的としています。

■ 日本庭園
千利休、古田織部をへて、「綺麗さび」の茶の湯を確立した、大名茶人 小堀遠州が手掛けた庭園を復元。

■ 茶室
小堀遠州が寛永年間に新造した奉行屋敷と書院を復元。抹茶、煎茶、茶事(茶懐石)などの体験ができます。

■ 博物館
1階は情報ライブラリー、2階は展示室、3階には富士山展望スペースを設置。

■ 商業館
ミュージアムショップや試飲barがあり、さらに、カフェレストランでは美しい富士山を眺めながら、お茶を用いたスイーツやお料理が楽しめます。

【施設概要】
施設名称:ふじのくに茶の都ミュージアム
場所:静岡県島田市金谷富士見町3053番地の2
TEL: 0547-46-5588

  • twitter SHARE
  • facebook SHARE
  • googlePlus SHARE