津軽の冬の味覚をレトロなストーブ列車で楽しむ「津軽のクリスマストワイライト」発売開始!

株式会社日本旅行は、津軽鉄道株式会社との共同企画第2弾として、ストーブ列車で楽しむ「津軽のクリスマストワイライト」を2019年11月29日(金)から発売開始しました。

津軽鉄道は、五所川原と津軽中里20.7kmを結ぶ民鉄で、今年も12月1日より名物の「ストーブ列車」が走り始めます。沿線には太宰治誕生の地で知られる金木や桜の名所・芦野公園があり、特に8月に開催される「立佞武多(たちねぶた)」は青森三大ねぶたとして夏の津軽を代表する祭りとして知られていますが、冬の津軽と言えば「ストーブ列車」が代名詞となっています。
この津軽鉄道ストーブ列車は、通常は日中時間帯のみの運行ですが、今回「クリスマスの雰囲気を、レトロな客車と地元の料理で楽しんでいただこう」と、トワイライト運行が決定。「昭和の急行列車」の雰囲気を残す「旧型客車」に置かれたダルマストーブは、石炭を燃やして2台で1車両を温めます。間近に座るとその熱さに驚くことでしょう。また今回の食事は、津軽鉄道のストーブ弁当を始めとする季節ごとの駅弁を製造し、地元の食材を使った手作りランチが人気のお店「神家(じんや)」さんが、クリスマスらしさを楽しめる料理をご用意。津軽の冬を暖かい車内でお楽しみください。

■ツアーのPOINT
・国内でも珍しいストーブ列車を、夕方から夜にかけて運行。
(通常は日中のみの運行で、日没後には運行していません)
・お座席は4人掛けのボックス席を2人で利用できます。(お一人様2席占有プラン)
※お一人様でご参加の場合、相席となる場合があります。
・往路(津軽五所川原→津軽中里)では、津軽の食材を活かした前菜とリンゴをモチーフにしたお酒が楽しめます。
・折り返し駅の津軽中里駅では、「けの汁」とともに夕食弁当を用意。
・復路(津軽中里→津軽五所川原)では、リンゴを使ったスイーツと珈琲が楽しめます。
・ 津軽鉄道名物の「みそドーナツ」をプレゼント

【ツアー概要】
ツアー名称:ストーブ列車で楽しむ「津軽のクリスマストワイライト」
旅行日程:2019年12月21日(土)日帰り
旅行代金:お一人様 9,800円(大人・こども同額)
募集人員:32名(最少催行人員20名)
車両・座席:
お座席は4人掛けのボックス席を2人で利用。 (お一人様2席占有プラン)
※お一人様でご参加の場合、相席となる場合があります。

ツアースケジュール:
参加者集合 16:50までに津軽五所川原駅改札にお越しください
<下り> 津軽五所川原 17:00発 / 津軽中里 17:45着
<上り> 津軽中里 18:44発/ 津軽五所川原 19:29着 到着後解散

申し込み:
インターネット受付のみ ※津軽鉄道では受付けておりません。
2019年11月29日(金) 15時から発売開始(24時間お申込み・決済が可能)
受付サイト:
https://va.apollon.nta.co.jp/tsugaru191221/

  • twitter SHARE
  • facebook SHARE
  • googlePlus SHARE