星野リゾート トマム、雪山の絶景を眺める「霧氷テラス」12/1(日)から営業! 夜の霧氷ライトアップも開催

北海道最大級の滞在型スノーリゾート「星野リゾート トマム」は、2019年12月1日(日)~2020年4月5日(日)の期間に「霧氷(むひょう)テラス」を営業します。これは、氷点下約2~10度の間で空気中の水分や霧が樹木に付着する現象「霧氷」を鑑賞でき、雪山の絶景を楽しめるテラスです。今回新たに、2019年夏にオープンした新展望スポット「Cloud Bar(クラウドバー)」から霧氷を眺めることができます。また、期間限定で夜の霧氷ライトアップも開催。

■ 「霧氷テラス」とは
霧氷テラスは、トマム山の標高1,088メートルに位置し、木々に付く霧氷が作り出す絶景を鑑賞できるテラスです。雪山といえばスキーやスノーボードをする人が訪れる場所というイメージが一般的。そこで、スキーやスノーボードをしない方にも雪山の美しさを知って欲しいという想いから霧氷テラスとして営業を開始。また、2017年より開始した夜の霧氷ライトアップでは、ライトに照らされた霧氷が、まるで宝石のように輝く光景を見ることができます。

■新展望スポット「CloudBar(クラウドバー)」から霧氷を鑑賞
2019年夏にオープンした「Cloud Bar(クラウドバー)」」は、バーカウンターをイメージした展望スポット。霧氷テラスに続く山の斜面に、地上3メートル、長さ13メートルのカウンターと椅子が並んでいます。椅子は1人用と2人用の2種類が用意されていて、最大7名が利用可能。椅子についているハシゴを登り、座ると眼下に広がる雪山の全景を眺めることができます。山の斜面に設置され、目の前に遮るものがないため、まるで足元に広がった霧氷の上に浮かんでいるような体験ができる特等席です。

■ 夜の霧氷ライトアップを実施
期間限定で霧氷テラスにある展望スポット「Cloud Walk(クラウドウォーク)」や「Cloud Bar(クラウドバー)」と道沿いなどをライトアップ。霧氷がライトに照らされて、きらきらと輝く光景は、夜にしか見られません。
期間:2019年12月1日(日)~25日(水)
時間:16:30~18:00(ゴンドラ山麓駅舎最終乗車)、
18:30(ゴンドラ山頂駅舎最終乗車)、18:15(ラストオーダー)

【「霧氷テラス」概要】
期間:2019年12月1日~2020年4月5日(日)
時間:8:00~15:00 (ゴンドラ山麓駅舎最終乗車)、
15:30(ゴンドラ山頂駅舎最終乗車)、15:00(ラストオーダー)
料金:ゴンドラ往復料金 大人2,200円、小学生1,300円(いずれも税込)
*ザ・タワー、リゾナーレトマム宿泊者は無料
対象:宿泊者、日帰り共に利用可
備考:天候により、営業を中止する場合があります。

【星野リゾート トマム/ 星野リゾート リゾナーレトマム】
北海道のほぼ中心に位置する滞在型リゾート。「ザ・タワー」「リゾナーレトマム」の2つのホテルを中心に、四季を通して北海道を体感できるアクティビティが楽しめます。
所在地:北海道勇払郡占冠村字中トマム
電話:0167-58-1111 (星野リゾート トマム 代表電話)
アクセス:新千歳空港から車で約100分、
JRで約90分(乗換あり・トマム駅から無料送迎バスあり・予約不要)

ウェブサイト :
https://www.snowtomamu.jp

  • twitter SHARE
  • facebook SHARE
  • googlePlus SHARE