「第25回 神戸ルミナリエ」作品テーマ決定! 『希望の光に導かれて、25年』12/6(金)~12/15(日) 開催

神戸ルミナリエ組織委員会は、今年12月6日(金)から12月15日(日)まで「第25回神戸ルミナリエ」を開催します。今年の作品テーマは「希望の光に導かれて、25年」( Da 25 anni, guidati dalle luci della speranza )に決定しました。

■ぬくもりを感じさせる”白熱電球”が復活
<ルミナリエのメインストリート、仲町通りの作品>
かつて外国文化の玄関口として栄え、いまはセンスの良い店が建ち並ぶ仲町通りの作品の総延長は約270m。玄関作品の「フロントーネ」は高さ約22mの巨大な3連の門状で、京町筋交差点までの約50mに渡り光の壁掛け「スパッリエーラ」を配置。その東側には明るく鮮やかな回廊状の作品「ガレリア」が続きます。
第25回の特別な演出として、伊藤町筋から東のブロックを「メモリアルゾーン」とし、第一回に使用していた白熱電球による壁状の作品を展開します。

■高さ約21m、 ルミナリエ史上最大級のドームを設置
<ルミナリエのゴール地点となる緑あふれる都市公園、東遊園地の作品>
東遊園地の広場には、毎年設置している光の聖堂(カッサアルモニカ)を大きく包み込む、高さ約21mに至る巨大なドーム状の作品を初めて設置。
慰霊と復興のゾーンでは、今回初めて「1.17希望の灯り」を高さ約4mのアーチで飾ります。

■震災語り部ブースの開設
今回はじめて作品を置く東遊園地の「慰霊と復興のゾーン」に、阪神淡路大震災1.17希望の灯り(藤本真一委員長)との協働による「震災語り部ブース」を開設。
神戸ルミナリエの開催が、今回25回目を迎えました。1995年の阪神淡路大震災を経験していない世代の来場も増えるなかで、神戸ルミナリエがなぜ始まったのかなど本来の趣旨や、震災の経験者の話をリアルに伝え続けるため「震災語り部ブース」を開設することとなりました。

【「第25回神戸ルミナリエ」開催概要】
開催期日:2019年12月6日(金) ~ 12月15日(日)10日間
開催場所:旧外国人居留地および東遊園地(神戸市中央区)
点灯時間:
月曜日~木曜日 18:00頃 ~ 21:30
金曜日 18:00頃 ~ 22:00
土曜日 17:00頃 ~ 22:00
日曜日 17:00頃 ~ 21:30
※混雑状況により点灯時間を繰り上げることがあります。特に、土・日は薄暮時に点灯する可能性があります。
なお、荒天の場合は、点灯を見合わせることがあります。

  • twitter SHARE
  • facebook SHARE
  • googlePlus SHARE