56の梨園を誇る松戸市は梨大国! 梨の食べごろは10月上旬頃まで

シャリシャリの食感とみずみずしくジューシーな味わいがたまらない梨。千葉県松戸市は二十世紀梨の発祥の地であり、市内に56の梨農園が所在する梨大国。

■千葉県は梨の収穫量日本一
千葉県は鳥取県や茨城県を抑え、梨の収穫量が日本一位!
そんな中、千葉県松戸市には56の梨農園が存在し、完熟梨の販売、梨狩りを行っています。樹の上で完熟させることで濃厚な味わいとなる「まつどの梨」は実は需要が高く、市場にあまり出回りません。

■東京駅から松戸駅まで電車で最短24分!
気軽に楽しめる都市近郊型のフルーツ狩り。松戸市は、実は東京駅から松戸駅までJR上野東京ラインで最短24分と都心に近い場所にあります。駐車場を完備している農園も多く週末にふらりと遊びに来ることができますのでご家族、カップル、友人同士で気軽に立ち寄れます。

■美味しい梨を見分ける3つのポイント
<ポイント1> 形
梨はお尻の方が甘いので、底がふっくらしたものを選んでください。横幅があり、全体的にどっしりとしたものを選ぶとよいです。
<ポイント2> 表面
皮が鮮やかで、色にムラがないものがよいです。表面のザラザラがなくなり、触った時になめらかなものが食べごろと言われています。ただし、品種や年毎の環境によって異なるケースもあるので、梨園のスタッフに確認してみてください。
<ポイント3> 色
赤梨は適度に赤くなってきたものが甘味があり、青梨は少し黄色みがかってくると甘味が増してきた合図です。ただし、皮にハリがないものは熟しすぎているので避けた方がよいです。

■松戸市の梨の豆知識
〇明治にさかのぼる松戸市の梨歴史
1888年当時13歳だった、松戸覚之介(まつど かくのすけ)が親戚宅で見つけた梨の苗木を見つけ、それを実家の梨園で育てたところ、10年後にとてもおいしい青梨ができました。その後専門家に質の高さが認められ、1904年に「二十世紀梨」と命名されたといわれています。

〇鳥取県との梨交流
二十世紀梨には、「二十世紀を代表する品種になってほしいという」意味が込められていて、同時期に鳥取県に親木が渡り、以降、二十世紀梨誕生の地、二十世紀公園には、記念碑や、鳥取県から贈られた感謝の碑が立っています。

【梨園情報】
開園時期:2019年10月中旬まで
梨狩り料金:入園無料 1kgあたり650円
梨園の場所:4エリア全56園で梨の直売を実施。内、25園で梨狩りに参加可能。
・松戸市高塚上地区(17園・梨狩りは11園)
・松戸市高塚下地区(16園・梨狩りは5園)
・松戸市五香金ヶ作地区(11園・梨狩りは5園)
・松戸市六実地区(7園・梨狩りは4園)

  • twitter SHARE
  • facebook SHARE
  • googlePlus SHARE